特集

土星

0学占い 土星 2016 年版

756 円
ISBN: 978-4-7993-1752-5

総合版はこちら

 

土星のあなたへ

2016年の土星は「充実」期。来る冬に向けて、備えを始めるべきとき。

あなたは、これまでの運命サイクルの終結期ともいえる、歩んできたことの結果が問われる集大成期に入りました。本書の「0学運命グラフ」で見ると、「開拓」期から始まって上昇してきた運勢が「人気」期でピークを迎えた後、「浮気」期をはさんで「再開」期、「経済」期と続き、「充実」期で好運期の最後の地点にきます。しかし、この好運のときをかみ締めている時間はあまりありません。これからやってくる翌2017年の運命期は、今の地点から急降下していきます。本書を読んで理解していただきたいのは、2016年の「充実」期は、来年以降に訪れる冬の季節『0地帯』への備えを最優先に考えて行動しなければいけないということ。吹雪に見舞われる季節が目前に迫っているのですから。

人生は12周期で回っている

0学が他の占術と大きく異なるのは、12の支配星ごとの性質や運勢を示す「運命周期」がグラフ化され、誰でも活用できるようになっている点です。

0学では、運勢の流れには「四季のような一定の周期がある」と考えています。植物で言えば、種を落とし、土の中で発芽を待つ冬、芽を出し、すくすく成長していく春、輝くような花を咲かせる夏、実を収穫する秋……と、運命の季節、成長の段階があるように、人の運命や人生にも四季があるのです。

運命の周期は、「12年で一周期」。運命のスタート地点を「0地点」と呼び、12年で再び「0地点」に戻り、新たな運命を始めていくのです。

12の周期には、運が落ちていく「背信」期、運勢の底に当たる「0地点」、少しずつ上向きになっていく「精算」期、種を蒔いて活動をスタートさせる「開拓」期……などというように、それぞれの時期を表す名前が付けられています。

そして、あなたの支配星である「土星」は「充実」期にあたります。「充実」期のあなたが何を気をつけるべきかについては、本書の第2章以降でくわしく説明していきましょう。

この運命の流れは、年単位で移っていくだけでなく、12ヵ月を一周期にした月単位、12日間で一巡する日単位でも当てはめることができます(第6章参照)。

さらに、忘れてはいけないのは、「支配星ごとに運命の周期はずれて回っている」ということです。木星の人が「人気」期だとしても、金星の人は「0地点」にいるというように、12支配星は、同じ年でも運命の季節が異なっています。大事なことは、人に流されず、自分の運命周期に合った行動をとること。そうすれば低運期にも負けることなく、運命を切り開いていくことができるでしょう。

土星の0学運命グラフ(2016 年)

土星の0学運命グラフ(2016)

土星の0学運命盤(2016 年)

土星の0学運命盤(2016)

土星の仕事

曖昧なものは切り捨てる潔さが必要

これまでの努力の結果が表れる年なので、大きな仕事を任されたり、新たな役職やリーダーに就いたりと、「認められた」と感じる場面があるでしょう。特に誇り高い土星にとってそれは、単にお金を得ることよりも意義のあることに感じられ、さらなる意欲が掻き立てられるかもしれません。

しかし2016年は、そこから新規事業に乗り出したり、拡大、発展を掲げるときではありません。これまでやり遂げてきたことを振り返り、中途半端になっていることがあればきちんとまとめ上げ、一区切りつくように、2016年のうちに何らかの形にしておくことが大切です。リーダーを任されている場合は、後進にバトンタッチできるような状態まで整えておくこと。来年からの『0地帯』に向けて引き継ぎの準備をしておきましょう。

また、結論が出ないものや、トラブルが起こるリスクをはらんでいるような事柄に関しては、土星持ち前の判断力でスパッと切り捨てることも必要です。今年であれば的確で正しい判断を下すことができます。

職場の人間関係などで疲れを感じて、転職をしたくなっても、もし今の仕事が土星の性質に合っているクリエイティブ系やIT系といった職業であれば、転職しないという選択肢を選ぶべきです。むしろそのまま留まり、来年からの『0地帯』という厳しい運気の冬を越す方が賢明でしょう。接客、介護といった人との関わりが主となる職種への転職を考える場合は、あえて苦手な分野で研けん鑽さんするつもりで8月までに転職を決めることです。9月、10月、11月は、運気が下降するため、転職を決めるなどといった大きな決断は避けましょう。また、3月や5月は自分を過信すると思わぬ失敗をしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

土星の恋愛と結婚

関係性に決着を結婚するなら2016年前半に

恋愛に関しては、落ち着いた運気です。新たな出会いや、好意を寄せられる、アプローチを受けるといった運気はさほど強くありません。「充実」期である2016年は、これまでの関係性の実りのときなので、恋人や夫婦の仲はますます親密度が増し、穏やかで円熟した安らぎが感じられる関係性へと発展していくでしょう。きっと、これから迎える『0地帯』をともに乗り越えるためのパートナーとして支えになってくれるはずです。

「充実」期は、新たな交際をスタートさせるにはあまりふさわしくありません。特に年の後半の出会いにはあまり期待しない方がよいでしょう。たとえ結婚を前提としたおつきあいだとしても、年内に入籍、結婚まで結びつかないものであるならば、『0地帯』に入ったときにトラブルのもとになったり、関係がこじれてしまったりする危険性があるからです。今年中に何らかの形でけじめをつけることが大切です。ちなみに、「充実」期に出会い、結婚するスピード婚もOKです。

結婚に関しても、まさにクライマックス。交際中のカップルであれば、ぜひともこのタイミングで結婚をしたいところです。2016年の入籍が厳しいという場合でも『0地帯』である2017?2019年の結婚は避ける方が無難。地道
に関係性を育んだうえで、『0地帯』以降に入籍することがおすすめです。

特に土星の場合は、高望みし過ぎるあまり、相手を逃したり、プライドが邪魔をして自分から積極的に踏み込めなかったりする場合があります。また、仕事や趣味に没頭するあまり、婚期を逃すケースも少なくありません。

土星は本来決めるとなれば、潔く決断できる星です。条件を設定し過ぎないで、まずは土星にとって重要な価値判断基準である「尊敬」できる相手であるかどうかを重視してみましょう。また、感情面だけでなく、経済的な部分でこれから3年間の『0地帯』を乗り切るために、必要最低限のレベルの収入があるかを基準に判断してみることも必要です。明確な判断基準があれば、持ち前の決断力で結婚についても潔く決定ができるはずです。

この時期は待っているだけではいけません。女性からでもプロポーズをして、二人の関係性に決着をつけるようにしましょう。

結婚は、月運の強い8月までにすることが望ましいです。でなければ『0地帯』が明ける2020年まで先延ばしにする方が賢明です。

0学占い 土星 2016 年版

756 円
ISBN: 978-4-7993-1752-5

■ 目次

はじめに
土星のあなたへ
プロローグ 0学で見る2016年
 価値観が大きく変革する2016年 「本物」が生き残り、復活するものも
第1章 0学で運命をつかむ
 自分を知り、運命を開く0学
 運命をつかさどる「0星・」の存在
 「12支配星」は陰陽で決まる
 人生は12周期で回っている
 0学運命グラフ(土星 2016年)
 土星の0学運命盤
 時代の運勢「大運」が各星の運命に及ぼすもの
 価値観が揺らぐ時代、自分を信じることが鍵に
 二つの星の運命が混在する特殊な星、「0王星」
第2章 2016年 土星の世界
 ガラスのハートを持つ、完璧主義者
 土星の全体運
 土星の仕事
 土星のお金
 土星「再開」期の12ヵ月
 3年間の運勢
 土星「0王星」の運勢
第3章 2016年 土星の恋愛と結婚
 関係性に決着を 結婚するなら2016年前半に
 土星の別れ
 土星の家族
第4章 2016年 土星の対人関係
 心の通い合った思いやりのあるおつきあいができるとき
 2016年 0学支配星相性早見表
 土星→水星
 土星→氷王星
 土星→木星
 土星→海王星
 土星→月星
 土星→魚王星
 土星→火星
 土星→冥王星
 土星→金星
 土星→小王星
 土星→土星
 土星→天王星
第5章 2016年 土星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 健康運を高める行動
 健康運を下げる、とってはいけない行動
 食べると開運につながるもの
 あまり食べない方がよいもの
 開運につながる運動
 運気を下げる運動
 開運につながる趣味、習いごと
 避けた方がよい趣味、習いごと
 開運につながる遊び方
 避けた方がよい遊び方
 開運方位
 開運につながる旅行先
 注意するべき方位
 避けた方がよい旅行先
 ラッキーモチーフ
 タブーモチーフ
 ラッキーカラー
 タブーカラー
 土星の著名人
第6章 2016年 土星の運命カレンダー
 2015年 11月 12月
 2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう