特集

月星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 月星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 月星の世界
 月星の人となり/月星の運命周期
3章 月星の人づきあい
 月星のコミュニケーション
4章 月星の恋愛と結婚
 月星の人が恋をするとき
5章 月星とそのほかの星
 月星の相性について
6章 月星のライフスタイル
 月星の才能/月星の好奇心/月星のお金/月星の美/月星の健康、からだ/月星の著名人
7章 月星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
月星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

月星の人となり

月星の性格を示すキーワードは、「正義感」「博愛主義」「優柔不断」です。月星の心の奥底には、「みんな一生懸命に生きている」という気持ちがあり、人を平等に見て、分け隔てなくつきあいたいと願っています。そんな心優しき人です。

その心の裏には、「どんな人だって同じ人間だから」と思う気持ちがあります。もっと言えば、人間だけでなく、動物、植物、微生物に至るまで同様に見ています。「命あるものはみな尊い」という自然主義者的な精神を持ち、地球上で生きているものみんなで協力し合って地球を調和させている。何一つムダなものはなく、誰もが尊い地球の構成員である、という信念を持っています。

その心には、「人のために何かをすることが、本当に自分がうれしく生きられることにつながる」という思いがあります。なぜか一生懸命になれるのは他人のことであり、「誰かのために」という思いが月星を突き動かします。よく「自分を愛せない人は、他人を愛することもできない」と言いますが、月星の場合、その言葉は当てはまりません。自分のしたことで、人が喜んでくれることが自分の喜びであり、常に“人の気持ち”が基準になっているのです。

自分だけが幸せになってもむなしいだけではないか……。月星がそう考える根底には、「人は一人では生きていけない」「一人で幸せは感じられない。人と幸せを分かち合えることが、本当の幸せだ」という思いがあります。世の中のなりたち、自分のなりたちを考えたとき、「結局、独りぼっちでは何もできない」という思考に立ち戻ります。そのため、人に優しくある自分こそ、自分らしいという考え方になっていくのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

月星 0学運命盤

月星の人が恋をするとき

恋愛においても、「人間としての情」を大事にするのが月星という人です。ですから、最初は誰に対しても、恋愛感情になる前にまず「愛情深い人かどうか」「あたたかさを感じられる人かどうか」を見ています。相手を異性として見るより先に、「人として」の人柄を感じ取ろうとするため、初めは意識していなかったけれど、ふとしたときに感じた思いやりやぬくもりにドキッとして、突然、恋愛対象として意識し始める、なんてこともあるでしょう。寂しがり屋の月星は、人のあたたかさ、ぬくもり、思いやり、大切にされることに弱いのです。ふだんはどちらかというと、人に尽くし、人から頼られたら応える姉御肌な面がありますが、思いやりのある態度に触れると、「大切にされたい」という隠れていた気持ちが呼び起こされ、恋心が発動します。

恋愛相手の条件は、「共感し合える人」。価値観が近く、言わなくても気持ちをわかってくれ、辛いときは励まし合えるような関係を望みます。ですから、友だちから恋人になるパターンも多いはずです。また、年が離れていることや、女性が年上などというのも気にしないので、特に年上女性が、年下男性を育てるような関係は、大変うまくいきます。月星には、どこか「これからの可能性」を求めるところがあります。才能を育てたい、原石を見つけたい、という欲求もあります。そのため、周りからは「大丈夫?」と言われるような相手でも、「私が育て上げたい」と熱望するところがあり、その思いが相手の向上心とマッチすれば、魅力的なパートナー関係になるでしょう。