特集

海王星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 海王星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 海王星の世界
 海王星の人となり/海王星の運命周期
3章 海王星の人づきあい
 海王星のコミュニケーション
4章 海王星の恋愛と結婚
 海王星の人が恋をするとき
5章 海王星とそのほかの星
 海王星の相性について
6章 海王星のライフスタイル
 海王星の才能/海王星の好奇心/海王星のお金/海王星の美/海王星の健康、からだ/海王星の著名人
7章 海王星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
海王星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

海王星の人となり

海王星の人は本物志向で、完成されたものや成熟したものに価値を見出します。決して流行に流されることなく、どんなものも時間をかけて自分の目でじっくりと見極めようとする星です。

さらに、不確かなものや、失敗することを嫌う海王星は、物事を計画的に進めていきます。何かあってもパッと行動に移すことはなく、先を見据えて検証し、それがやって無駄なことではないと判断できて初めて行動に移します。緻密で合理的な面があるため、無駄なく一つひとつ着実に地固めをしていくのです。周りが騒がしくても自分のペースを崩すことはほぼありません。粘り強く、ある種の頑固さを保ちます。

また、手先が器用で特技が多いのもこの星の特徴です。女性でもちょっとした大工作業をこなしたり、男性であってもきれいにデコレーション作業をしたりと、意外な特技を持っていて、そのジャンルも多岐にわたります。何でも地道に続けることができるので、年を取ってから成功する人も多く、大器晩成型と言えます。

落ち着いた雰囲気を持ち、どんなときも冷静沈着な海王星は、「智恵の星」でもあります。自分から動くことはせず、知恵を使って采配を振っていく参謀や監督といった役回りに向いています。几帳面で管理をするのが得意なため、秘書のようなリーダーの補佐役として、能力を発揮する人も多いようです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

海王星 0学運命盤

海王星の人が恋をするとき

内気で人見知りな海王星は、恋愛においても、とても奥手です。好きな人ができてもなかなか気持ちを表に出せず、心の中で煩悶します。失敗して傷つくことを恐れるため、確実に相手から好かれていることがわからない限りアプローチすることもありません。また、用心深いため、甘い言葉だけでは心を許しません。けれども、「これは大丈夫だ」と思ったら、思い込みも激しさが増し、その人以外は見えなくなる傾向も。

一方で、人に頼りたい傾向があることから、強引にアプローチされると、条件さえよければつきあってしまうこともあるでしょう。海王星が女性である場合、相手の男性に惹かれるのは、社会的なステータスの部分であることがあります。経済力や生活力が恋のきっかけとなるようです。そのため、年下のまだ社会的地位が確立できていない男性や、経済的に自立していない男性はまるで眼中に入らず、冷たく思われることもあります。面識ができるまではシャイで内向的なので、最初から自分をさらけだすことはありませんが、つきあい始めると徐々に独占欲が強くなる人もいます。相手に依存しているようで、実際は自分がコントロールしたいのです。いつの間にか主導権を握っていることが多いでしょう。