特集

火星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 火星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 火星の世界
 火星の人となり/火星の運命周期
3章 火星の人づきあい
 火星のコミュニケーション
4章 火星の恋愛と結婚
 火星の人が恋をするとき
5章 火星とそのほかの星
 火星の相性について
6章 火星のライフスタイル
 火星の才能/火星の好奇心/火星のお金/火星の美/火星の健康、からだ/火星の著名人
7章 火星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
火星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

火星の人となり

火星の性質をつかさどるキーワードは、「努力」と「忍耐力」、そして「緻密」で「知的」です。ぶれない心を持ち、粘り強く、目標に向かってまっしぐら。コツコツと努力を重ねて成果を上げます。試練に耐えてこそ、その先に成功があると考えています。そして火星の人には、そんな試練に耐えられるだけの忍耐力や体力が十分に備わっています。

無口で、自分を表現するパフォーマンスが苦手な火星の人は、「行動や生きざまを見てくれ」というタイプです。またプライドも強く、自分にも他人にも厳しい星です。いいかげんなことや中途半端なことは許せません。仕事や課題は徹夜してでもやる、完璧主義者なのです。だからこそ、適当なものやルールを守らない態度に、我慢ができずに怒りだすこともあります。

派手さはありませんが、知的でクールな雰囲気を持っていて、口には出さずとも、頭の中では細やかに物事を考えています。ふだんは真面目で大人しい人と思われがちですが、見た目の穏やかさに反して、行動力はあります。でも、その行動の裏には、しっかりとした自分なりの考えがあります。感情よりも知性を優先するタイプなので、初めにじっくりと考え、綿密に計画したうえで行動を起こします。

そして、一度決めたことに対しては、信念を持ってやり通す力があります。あれこれと目移りせずに目標を決め、その決めたことに対して着実に歩みを進めるのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

火星 0学運命盤

火星の人が恋をするとき

好きな人ができると、よほどのことがないかぎり気移りしません。一途に、相手を想い続けます。ただしそれは、身も心も焦がすような、情熱的な恋ではありません。細かく物事を考えることが先に立つ恋愛になります。心の内では、燃えるような恋への憧れも持っていますが、それを上手に発露することができないからです。それゆえ、相手の価値観や、どんな行動を取る人かという条件面を見てから、恋愛に発展することが多いでしょう。そんな火星の恋は、ゆっくり進みます。プライドの高さも、恋の速度を遅らせます。好きになっても、そんなそぶりは見せません。「あなたのことが好きです」という、明からさまな態度を取ることは、どうしてもできないのです。

そんな火星が恋愛に求めているのは、「安心感」です。相手が自分を好きかどうか確かめて、「これなら大丈夫」という安心感が得られれば、前に進めます。直感で「この人!」と、思い込んで突き進むのは危険です。歩みはゆっくりでも、相手の性質をよく知り、互いに理解を重ねていくのがよいでしょう。こうして互いの想いが確認できたとき、火星の恋の炎は熱く燃え上がります。内なる熱情が発露して、相手に対して素直に心をひらきます。ときには周囲の人が驚くほど、恋にのめり込むでしょう。また火星は、ほかの星に比べて家族や家と縁が深い星ですから、一度交際が始まると、恋愛を楽しむというよりは、結婚・家庭づくりを目指していきます。