特集

金星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 金星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 金星の世界
 金星の人となり/金星の運命周期
3章 金星の人づきあい
 金星のコミュニケーション
4章 金星の恋愛と結婚
 金星の人が恋をするとき
5章 金星とそのほかの星
 金星の相性について
6章 金星のライフスタイル
 金星の才能/金星の好奇心/金星のお金/金星の美/金星の健康、からだ/金星の著名人
7章 金星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
金星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

金星の人となり

好奇心旺盛で、自由奔放。冒険心が強く、興味をそそるものに対する嗅覚と、それに向かっていく瞬発力は、十二支配星の中で一番です。金星は、別名「子ども星」とも言われ、未知の世界に惹かれる子どものような心を持っています。新しいものや珍しいものが好きで、趣味が多く、一定の場所にじっとしていられません。次から次へと興味の対象が移り、それを実際に見にいったり、やってみたりするなど実行に移す行動力もピカイチ。後先を考えず、思いつくままに動く楽天的な性格で、くよくよ悩むこともありません。

好きなことには熱中しやすい一方で、マンネリ化するのを嫌い、常に変化を求めています。そのため飽きっぽく、あまり持続力がありません。計画的に物事を進めることが苦手で、何かを事前に準備することもしません。行き当たりばったりの行動が多いので、「大事なことを放置してしまった!」なんて騒ぎになることもありますが、それでも臨機応変に対応できる能力があります。

また、流行に敏感で、新しいことに張り巡らせたアンテナの感度が高く、行動範囲も広く、情報通です。これから流行りそうなお店や、ブレイク目前の才能溢れる人材をいち早く見つけだしてくるなど、鮮度の高い情報を収集する力は周囲を驚かせるものがあります。

とにかく金星にとって、情報は速さと面白さが重要。それゆえ、きちんと確認しないまま情報を流し、それが間違っていたということも少なくありません。人より先に知る、人より先に見る、人より先に始める…誰よりも早いことが、金星のモチベーションを高揚させるのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

金星 0学運命盤

金星の人が恋をするとき

異性とも友だちとしてあっという間に仲よくなれるのが、金星です。そもそも同性異性という意識があまりなく、「楽しいことを一緒にして遊ぶ友だち」として相手をとらえているので、傍から見たら、仲のいい友だちなのか、恋人なのか、境界線がはっきりしないことがあります。友だちレベルの異性でも、二人だけで映画を見たり、旅行に行ったりすることに抵抗がありません。そのため周囲からは誤解を受けやすいのですが、当の本人は相手を翻弄しているというような自覚はないのです。共通の趣味や好きな仕事などを通して、一緒に何かをすることが楽しいと感じられたら、そのままの勢いで交際に発展していく傾向があります。好きな人ができたら、何か計算をした上でアプローチしようとするよりは、自然な流れで友だち以上の関係になっていた、ということが多いでしょう。

また、束縛されることも、することも嫌うので、ベタベタすることはありません。男女の間に上下関係を持ち込むことはなく、たとえ年齢が離れていても、友だちのように遊ぶことができる恋愛をするでしょう。「恋人」になる前となった後で、劇的に関係が変わるようなことはありませんが、恋人だからと相手に何かを強要することもないので、異性にとっては楽につきあえるタイプかもしれません。世の中には恋愛そのものを楽しむタイプの人もいますが、金星の恋愛の定義は、楽しいことを一緒にできることです。「一緒にいて楽しい」からこそ金星の心が動かされ、行動が促されるのです。