特集

木星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 木星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 木星の世界
 木星の人となり/木星の運命周期
3章 木星の人づきあい
 木星のコミュニケーション
4章 木星の恋愛と結婚
 木星の人が恋をするとき
5章 木星とそのほかの星
 木星の相性について
6章 木星のライフスタイル
 木星の才能/木星の好奇心/木星のお金/木星の美/木星の健康、からだ/木星の著名人
7章 木星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
木星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

木星の人となり

シックで落ち着いた雰囲気に包まれ、大人の目線を持った木星。周りが新しいものや、流行しているものに騒いでいても、自分の価値基準が揺れることはありません。古きよきものや「本物」を愛し続ける星です。抜群の持久力を持つ木星は、物事をコツコツと進めていくタイプ。「ウサギとカメ」で言えばカメ、「アリとキリギリス」ならアリといったところですが、ただ地道に努力し続けているだけでなく、器用で特技が多く、表面には見えない底力があります。得意なことを長く続けられるので、歳を取ると大きく成功する人も多く、大器晩成型と言えるでしょう。

「攻めより守り」なので、あまり大きな冒険は好みません。安定志向で、不確実な要素を嫌うので、何でもしっかりと固めてから始動する傾向があります。傍から見ると動きが鈍く思われることもありますが、スタートを切ってからの手堅さには驚かされるものがあります。成功して周囲からほめられても、緻密な計算のもとに出した結果なのだから当然、という意識があるので、それで浮かれることもありません。プロセスより結果そのものを志向する傾向があるので、心の中では悦に入っていたりします。

忠誠心が強く、忠実であるため、組織の中ではリーダーの補佐的な役どころを担うことが多いでしょう。木星は「智恵の星」と呼ばれ、賢く知恵もあるため、参謀やブレーンとして組織を支える存在となります。特に、傾いたもの、バラバラになったものを立て直す能力に長け、ダメだと思われていた企画も、木星の人の手にかかれば生まれ変わることがあります。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

木星 0学運命盤

木星の人が恋をするとき

見た目で人を判断することを嫌う木星は、簡単に恋に落ちることはありません。一目惚れはめったになく、もしあったとしても、そこから慎重にどんな人かを見定めてから動きます。奥手なところがあり、いいなと思っても自分からはなかなかアプローチできません。軽いノリでつきあうことができないため、あまり知らない人からアプローチされると躊躇してしまうでしょう。恋が始まるキーワードは「グループ交際」です。一対一より、二対二以上のグループでのつきあいが、恋愛運をひらいてくれるでしょう。人からの紹介などで出会うほうが自分も安心して、心をひらくことができます。ただ、仕事や勤め先、年収などを知らない限り、気持ちが動かない傾向があります。安定志向のため、将来的に保証のない人とつきあうことはあまり好みません。

「運命の出会い」を夢見ることや、恋に恋することも少ないでしょう。意外な相手ではなく、身近な人と現実的な恋愛をする人が多いようです。つきあい始めると、長く続くタイプです。ただし、一段一段ゆっくり慎重に進もうとするため、結果的にそうなるという意味でもあります。そのため、結婚に至るまでは長い期間を要するかもしれません。