ディスカヴァー・トゥエンティワン

今、あなたに響くのはどの名言? 起業家や文化人など、
賢者の名言は思考を広げるツール

オススメ書籍を見る

多様な価値観に触れ、あなたが発見するものは?

私たちはふだん、自分ひとりで考えています。つまり、自分の経験と知識の枠、自問自答の域から出ることはありません。名言を通して「他者の考え方」に触れると、思考が広がったり、より明確になったり、時に全く違う思考の出発点となります。それは、ある種、コーチングで「問い」を受けるのに似た体験。これが本書をおすすめするひとつ目のポイントです。もうひとつのポイントは、最新の自分を知るツールにできる点です。

至高の名言

人はみな素晴らしい能力を秘めている。だから自分の強みを信じ、「やればできる」と繰り返し唱えよう。
~ アンドレ・ジッド(フランスの作家)

私たちは常に自分の能力を信じる必要がある。そうしなければ、「どうせ無理だ」というネガティブな思いに押しつぶされてしまう。自分にポジティブに語りかけることは驚くほど効果がある。ところが、私たちはそれを驚くほど頻繁に忘れている。

第1部「人生を切り開く」より
昨日は灰で、明日は薪だ。火が燃え盛るのは今日しかない。
~ エスキモーのことわざ

今日、私たちはここにいる。過去の素晴らしい思い出と未来への希望を持っているが、私たちが生きているのは今日である。

第4部「情熱を燃やす」より
いったん自分の弱点がわかれば、おそらくそれはもう自分に害を及ぼさない。
~ ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(ドイツの科学者)

自分の弱点を直視するのは容易ではない。しかし、それができれば、弱点を克服していくことができる。私たちは自分の弱点をすべて把握しているだろうか。親友に頼めば、たぶんそれを優しく指摘し、克服につながる方法を教えてくれるかもしれない。

第5部「充実した人生を送る」より

たとえば、先の3つの名言、今回もっとも心に響いたものや得たヒントが、1年後、もしくは、1年前と同じとは限りません。
つまり、「何が心に響くか」「何を学ぶか」は、その時、何を必要としているか、どんな未来を目指しているかの鏡。見返すたびに、自分の変化や最新の状態を知るきっかけにできるというわけです。
賢人たちと共に考えながら、自分自身と描く未来に出会い直す1冊。
手元において、ときどき開いてみてはいかがでしょう。

賢者に学ぶ人生の知恵

至高の名言

リンダ・ピコーン

大切なことは、すべてこの本の中にある。
ゲーテ、アインシュタイン、オードリー・ヘップバーン……
233の言葉で学ぶ人生の知恵。

さらに詳しく

本書には世界中の賢者たちによる人生訓が集められている。
しかも、その内容は多岐にわたる。
たとえば、元気が出るもの、愉快なもの、刺激的なもの、教育的なもの、 精神的なもの、などなど。
互いに相反する意味合いのものもいくつかある。
しかし、本書の目的は、生き方に 関する画一的な指針を示すことではなく、日常のいろいろな局面で参考になる多様な 価値観を紹介することだ。
本書を通じて、新しい考え方にふれたり、すでに知っている考え方を確認したりすることになる。
いずれにせよ、繰り返し読めば、思いがけない発見につながるだろう。
豊かな人生を送るうえで、本書が一助になることを願ってやまない。

目次とキーワード
はじめに
第1部

─ 人生を切り開く

第2部

─ 感謝の気持ちを持つ

第3部

─ 信念を貫く

第4部

─ 情熱を燃やす

第5部

─ 充実した人生を送る

おわりに

仕事も人生もうまくいく!
日本を代表する創業者100人の名言集

あの社長のこの言葉

市川 覚峰 (著)

松下幸之助(パナソニック)、鳥井信治郎(サントリー)、安藤百福(日清食品)… 日本を代表する創業者100人の「働く本質」を伝える名言集!

さらに詳しく

激動の昭和・平成を駆け抜け、立派な業績と歴史に足跡を遺した創業者達がいる。
筆者も一部同じ時代を走り抜けてきた人間の一人である。
筆者はいつもその創業者達が「どんな想いを抱き」「どんな走り方をしているのか」気になっていた。
そしてその企業家達の生きざまに積極的に接するように心がけてきた。
幸いなことに筆者の仕事柄、ここに紹介する創業者の多くの方々と出会い、講演を聞き、面談する機会に恵まれてきた。
あの創業者達の肉声が耳の奥に残る人間の一人として、日本を誇る企業家達の思想や生きざま、そして経営のあり方を皆さんに伝えていくことが筆者の使命と思い、本書をつくり込んできた。
ここに百名の創業者の語録を紹介した。
語録はことわざ・格言などとは違い、その人の生き方や個性について光を放っているものである。
その人物らしい苦闘の中から生まれた宝石のようにキラリと光る言葉である。
宝石に好みがあるように百個の金言の中からも自分に合うものと合わないものがあろう。
百個の名言をすべて自分のものにする必要もない。
この語録の中からピンと感じたもの、心をひかれたものを自己の魂への応援歌として常に身近に置き、今まで以上に輝かしい人生を送って欲しい。

『想魂錬磨行継承(そうこんれんまぎょうけいしょう)』

これは筆者の千二百日間の修行の悟りの言葉である。
想いと魂を磨き、それを行いをもって継承していく、という意味である。
ここに示された企業家の想いと魂を己の魂の中に宿し践し、さらにそれを次世代の日本を負う方々に継承していただきたい。
(「まえがき」より)

目次とキーワード
1章

─ 人を幸せにして幸せになる

2章

─ 大志を持って社会につくす

3章

─ ビジネスマンは商売人であれ

4章

─ 人がやらないコトをする

5章

─ 人を活かし自分を生かす

6章

─ 自分を信じて挑戦し創造する

7章

─ 困難をチャンスに人間力を作る

8章

─ 今日からスタート やってみなはれ

60万人の人生を変えた名言セラピーシリーズ、ベスト盤がついに登場!

3秒でハッピーになる名言セラピー THE BEST 新装版

ひすいこたろう (著)

同じ状況にもかかわらず、嘆き悲しむ人がいます。
同じ状況にもかかわらず、楽しく儲かり、お客さんにも喜ばれる人がいます。
どこを見るかで人生はこんなにも違います。
視点が変わると人生は一瞬で変わるのです。

さらに詳しく

「THE BEST OF3秒でHappyになる名言セラピー」では、今までの名言セラピーシリーズのなかでも、読者の方の反響の大きかったものや、「これは! 」という珠玉のエピソードを選びに選びました。また、本書のための書き下ろしも多数掲載。

どんなときにも人生を楽しめるようになる視点をあなたにプレゼントします。
あなたの大切な人へ贈るプレゼントとしてもお使いいただければうれしいです。
この本を手にしたあなたは、もう幸せにしかなれません。

ようこそ名言セラピーの世界へ。

キーワード
しあわせセラピー

─ 名言ダイエット/プリン伝説 ほか

お仕事セラピー

─ 売れない人の共通点/革命の起こし方 ほか

恋愛セラピー

─ 失恋検定/モテの基本は小学校で教わった!-モテ名言セラピーbyヤス ほか

ハートフルセラピー

─ 最後のお別れー読者セラピーbyさおさん/春の魔法 ほか

働くっていうことはどういうことだろう?
あなたはどう思いますか?

新!働く理由

戸田 智弘 (著)

16万部突破ベストセラーの『働く理由』が12年ぶりに大幅改訂!
戦国武将から哲学者、スポーツ選手まで、111の名言で人生の先輩たちと「働く」について考えよう!

さらに詳しく

2007年に『働く理由』を出版した。あれから12年が経過して、今回、バージョンアップした改訂版を出すことになった。
12年間のなかで話題となったトピックス――過労死、ブラック企業、格差社会、人生100年時代、副業・兼業の解禁、人手不足と転職の増加、ホモ・デウス(神のヒト)へのアップグレード、GAFAの躍進など――を意識しながら、どの名言を入れ替えるかを吟味し、分析や深みが足りないところを書き直していった。

結果として『働く理由』で取り上げた99の名言のうちの41が残り、あらたに70の名言が加わって、名言の数は111になった。
タイトルは、編集部の提案で『新!働く理由』に決まった。
「!」が入ったのは、元の『働く理由』からお世話になっているデザイナー寄藤文平さんのアイディアだと聞いている。
〈名言+解説〉というスタイルは元の本と同じである。
大まかな章立ては踏襲しながらも、あらたに第1章「ただ生きること、よく生きること」、第10章「人生100年時代と自律的キャリア形成」、第11章「〈本当の自分〉はどこにいる」を加えた。

われわれは今、江戸時代の人は考える必要のなかったこと、いやいや明治・大正・昭和の時代を生きた人だって考える必要のなかったことまで考えないといけない時代に生きている。
まったくもって厄介なことである。
そうは言っても私たちはこの時代を生きていくしかない。
自分のできる範囲で考えて前に進むしかない。
こういう何だかたいへんな時代の中、「働くっていうことはどういうことだろうか」についてあれこれ考えて「現時点で私はこう思うのだが、あなたはどう思いますか」というのがこの本で趣旨である。
本書において、書き切れなかったことや手が届かなかったことは次作の課題としたい。
(「はじめに」より)

目次とキーワード
はじめに

─ ドナルド・E・スーパー(心理学者)

1.「ただ生きること」×「よく生きること」

─ ソクラテス / 宇野千代 / 星野富弘 / 小林聡美 / ルソー

2.「⟨好き⟩を仕事にする」×「仕事を⟨愛する⟩」

─ 『快適な生活―ぼくらはみんないきている』(アニメ)
山本常朝 / 堺屋太一 / 木田元 / 香本裕世 / 養老孟司 / 遠藤周作

3.「好きな仕事」×「合う仕事」

─ 鹿島茂 / 高橋俊介 / 本多信一 / 板倉聖宣

4.「やりたいこと」×「やりたくないこと」

─ 小浜逸郎 / 玄田有史 / 木村志義 / 小倉ヒラク / 中島義道 / 大阪なおみ

5.20代はいろいろ試してみる

─ 笑福亭鶴瓶 / 小柴昌俊 / 寺田寅彦 / 『GTO』鬼塚英吉 / P・F・ドラッカー / 広井良典 / ジェームズ・オッペンハイム / アービング・バーリン / マザー・テレサ / チャールズ・M・シュルツ『ピーナッツ』/ 池上彰

6.幸運を引き寄せる法則

─ ハーミニア・イバーラ / エリック・バーガー / チャールズ・F・ケタリング / ドミニク・グロシュー / 『スラムダンク』堂本五郎

7.人生100年時代と自立的キャリア形成

─ 与謝野晶子 / 小関智弘 / ニーチェ / リンダ・グラットン / 福澤徹三 / ちきりん / ナンシー・K・シュロスバーグ

8.「自分しかできない仕事」と「誰にでもできる仕事」

─ ゲーテ / 板倉聖宣 / 松永真理 / 小林一三 / 織田信長 / 陰山英男 / 岡本太郎

9.「夢や方向性を持つこと」と「努力すること」

─ ニーチェ / ベンジャミン・メイズ / 中竹竜二 / 山里文代 / 亀井勝一郎 / トーマス・ジェファーソン / ジンメル / マジック・ジョンソン

10.才能=可能性×10年間の努力

─ エリック・フォッファー / リリー・フランキー / 高橋克彦 / 押井守 / モーパッサン / 澤穂希 / 清水宏保 / 『宇宙兄弟』南波六太 / ラインホールド・ニーバー

11.「本当の自分」はどこにいる?

─ 竹田青嗣 / 原和之 / 平野啓一郎 / 千葉雅也 / 山竹伸二 / ジョン・アダムズ / 今村仁司

12.何のために働くのか?

─ 寺島実郎 / 夏目漱石 / 竹内聖一 / 内田樹 / ナタリー・サルトゥー=ラジュ / ラース・スヴェンセン / ヴォルテール / アダム・スミス / 武田晴人 / 小浜逸郎 / ゴーリキー / ハンナ・アーレント

13.日本人の生き方と日本型雇用システム

─ 堀江謙一 / 池田晶子 / 橋本治 / 『ONE PIECE』Dr.くれは / 森鴎外 / 濱口桂一郎 / 川人博

14.私たちはどんな時代に生きているのか?

─ ケインズ / グルーチョ・マルクス / 村上龍 / 広井良典 / ヤマザキマリ / 「ファイナルファンタジー零式」

15.ポスト近代の仕事論

─ 鷲田清一 / 梅沢高明 / 西村佳哲 / 出口治明 / 曽野綾子 / アラン / J・C・クマラッパ / ハイネマン / エーリッヒ・フロム

人生を最高に旅せよ!

ニーチェ 勇気の言葉

白取春彦 (編/訳)

115万部突破、あの「超訳ニーチェの言葉」の名言をニーチェが旅した風景とともに堪能できる一冊!
旅する思想家だったニーチェが旅した足跡を辿りながら、ヨーロッパ各地の写真とともにニーチェの名言を味わう本。自分自身や大切な方への贈り物としても最適です。

さらに詳しく

「最初に自分を尊敬することから始めよう。
まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、人間として尊敬するんだ」

「喜ぼう。この人生、もっと喜ぼう。喜び、嬉しがって生きよう」

「楽しまないというのはよくないことだ。つらいことからいったん目をそむけてでも、今をちゃんと楽しむべきだ」

ニーチェが旅した場所へ、名言とともに。

世界的禅ブームの源流
生の喜びと真理がここにある

禅に学ぶ 人生の知恵 澤木興道名言集

澤木 興道 (著)

世界的禅ブームの源流。生の喜びと真理がここにある―澤木興道名言集。

さらに詳しく

澤木興道は日本を代表する禅僧です。1880年、三重県津市の出身。
幼くして両親を失い、決して裕福とはいえない養父母のもとで育ちました。
1899年に永平寺で出家、生涯独身で自分の寺を持たず、各地の道場を転々として坐禅を広めました。
のち駒澤大学特任教授として後進の指導にもあたります。
1965に亡くなりましたが、そのシンプルで清々しい彼の教えは、米国のスタンフォード大学にある曹洞禅センターにも受け継がれました。
禅を愛するかのスティーブ・ジョブズ(アップル創業者)も間接的に影響を受けています。

澤木興道は生涯を通じて禅の教えを説き、多くの講話をおこないました。
そのなかから私たちを励まし生きる力を与えてくれるような言葉を選び出したのが本書です。

「今! 今! 今! 一生が今の連続である」

「幸福というようなことを、そう単純に自分の幸福や不幸で考えるのは間違っている」

「今日を空虚にして過去のことばかりいっているものは、過去の亡霊だ。未来未来といっているやつは未来のまぼろしだ。わたしどもはいつでもピチピチして、思い切り充実して生きねばならぬ」

「自分になり切る。わたしがわたしになり切る。あなたがあなたになり切る。山が山になり切る。茶碗が茶碗になり切る。一切の物がそれ自身になり切る」

目次とキーワード
はじめに
第一章 「今」がすべてだ
第二章 「自分」になりきる
第三章 執着を離れる
第四章 人間は大したことはない
第五章 小さなことにくよくよするな
第六章 自分の考えにとらわれない
第七章 死ぬのは当たり前
第八章 悟ろうとするな ただ坐れ

この記事をシェアする

その他のオススメ記事を見る