『東大パズル王 やみつきパズル』からの挑戦

『東大パズル王 やみつきパズル』の中の最難問。
まずはノーヒントで挑戦!難しければヒントを見ながら考えてみてくださいね。

問題
問題

分からなかったら・・・ヒントを見よう!

    • ヒント1-1

      まずは、通常の考え方で上まで進めます。ここまでもかなり難しいのですが。

    • ヒント1-2

      今回の戦場は上部 。一部のマスに、入る可能性がある数字を小さく書き込んでみました。

    • ヒント1-3

      ここで井桁理論の出番。「2」に注目すると、の列でのマスにし か「2」が入らないので、井桁理論よりの「2」は消えます。

    • ヒント2

      ここが最難関。
      実は井桁理論自体が、ここを突破するヒントになります。井桁理論で候補が「6」「9」に減ったに注目 。その隣の2つのは候補が「2」「6」のみですが、は「2」「9」の予約なので、のどちらかには「6」が入ります。どちらに入ったとしても、のマスには「6」は入らず、「9」が確定します。また、井桁理論より、のマスには「2」が入ります。
      相当の難所でした。しかし、ここを乗り越えても気が抜けないのがこの問題の恐ろしいところです。

    • ヒント3-1

      ここまで埋まって、また手が止まります。
      最後の難所。なんと、ど真ん中ののマス。ここに入るのは、「5」しかありません。
      問題作成中、「ここで終わりかな…」と思いながら目を凝らしていると、なんと中央に突破口が。ここまでの険しい崖を登り切ったラスト、美しさに思わず言葉を失ってしまいました。

    • ヒント3-2

      あとは、激闘を労わりながら埋めていきましょう。

    • 答え

このページをシェアする