ディスカヴァー・トゥエンティワン

小説好きの、小説好きによる、小説好きのための作品 全国の本屋店員が選ぶ「本のサナギ賞」。
歴代受賞者による個性あふれる作品が続々!

オススメ書籍を見る

全国の書店員が選ぶ『本のサナギ賞』。
既存の小説に物足りなさを感じている「本の虫」の心をつかむ、
個性的でクオリティの高い濃密な小説が数多く生まれています!

2014年から始まった、「本のサナギ賞」という文学賞をご存じですか?
「本の虫」である書店員が「世に出したい」小説=「本のサナギ」を見つけ、ベストセラーという「蝶」に育て羽ばたかせたい、という思いから生まれた文学賞です。

応募資格はただひとつ、本が大好きな「本の虫」であること。
審査にはもちろん全国の書店員の方々が参加しています。まさに本の虫の、本の虫による、本の虫のための文学賞なのです。
すでに第4回まで開催されていますが、筋金入りの「本好き」である書店員の方々に選ばれた受賞作品はどれも中身がぎゅっと詰まった、エンターテインメント性の高い小説ばかり。
大賞受賞作品は書籍化・出版されることが決まっていますが、毎回、大賞作品以外にも個性の強さがキラリと光る良作が多く、優秀作品も数多く書籍化されています。

第1回大賞受賞のデビュー作が6万部のスマッシュヒットに。
歴代受賞作品は軒並みアマゾンレビューで高評価。

第1回の大賞受賞作品だった志坂圭氏の「滔々と紅」は、江戸時代の吉原を舞台にひとりの少女が過酷な運命に翻弄されながらも、強く生き抜く姿を描いて話題を呼びました。累計部数6万部を超えるスマッシュヒットになり、次回作が熱望されていましたが、とうとう4年ぶりに書き下ろし「天生(あもう)の狐」が6月に発行、好評を博しています。

また、第1回の優秀賞を受賞した賽助氏の「はるなつふゆと七福神」は、大賞は逃したものの、「平凡なニート女子と個性的な神様たちが織り成す、ゆるぐだな日常を描いたファンタジー」という個性が際立って、書籍化となりました。この一見、風変わりな小説は新しい風を求めていた「本の虫」読者に熱い支持を得て、累計5万部を売り上げ、アマゾンレビューでは4.7という高評価を獲得しています。

そして、昨年発行賽助氏第2作の「君と夏が、鉄塔の上」は、鉄塔マニアの中学3年生が主人公という、異色の青春小説ですが、10~60代までの幅広い層に支持を得て、やはりアマゾンレビューで高い評価を受けています。

2019年に発行された「禁じられた遊び」は、発売前から書店員さんの間で話題になり、発売一週間で重版が決定!人気のイヤミスの中でも群を抜いたインパクトがあり、読了後しばらくはその余韻にひたってしまうこと間違いなしです。

他にも中高年独身者専用のシェアハウスを舞台にした「ロンリープラネット」や、魂のみが死滅してしまう奇病が流行した近未来での愛を描く「君のことを想う私の、わたしを愛するきみ。」など、個性あふれる作品が目白押し。

「本の虫」である書店員の方々に選ばれただけあって、既存の小説に物足りなさを感じている本好きの心をぎゅっとつかむ魅力的な作品が勢ぞろいしているのです。

ぜひお読みいただき、孵化直前のサナギのパワーを感じていただきたいと思います。

第4回 本のサナギ賞 大賞受賞作品
「ママはもうすぐ生き返るよ」
恐怖が身に迫る本格Jホラー!

禁じられた遊び

清水 カルマ (著)

伊原直人は、妻の美雪と息子の春翔と共に幸せな生活を送っていた。
しかし、念願のマイホームを購入した矢先、美雪が交通事故に遭い、死亡してしまう。
絶望する直人に対し、春翔は「ママを生き返らせる」と美雪の死体の指を庭に埋め、毎日熱心に祈りを捧げる。
同じころ、フリーのビデオ記者、倉沢比呂子のまわりで奇怪な出来事が起こり始める…。

さらに詳しく

主人公・伊原直人は、妻の美雪、息子の春翔と共に幸せな生活を送っていた。しかし、念願のマイホームを購入した矢先、美雪が交通事故で命を落とす。絶望する直人に対し、春翔は「ママを生き返らせる」と、美雪の死体の指を庭に埋め、毎日熱心に祈りを捧げ出す。

同じころ、フリーのビデオ記者、倉沢比呂子の周囲では「誰も乗っていないエレベーターが動き出す」「部屋の中にカラスの死骸が突然あらわれる」など奇怪な出来事が次々に起こり始めた。直人の元同僚である比呂子はかつて、美雪から直人との不倫を疑われていた。

その際も奇怪な現象に悩まされ、精神を病んだ比呂子は、怪奇現象は美雪の持つ不思議な力のせいだ、と確信していた。 過去の経験から、今回も美雪の呪いのせいであると考えた比呂子。しかし、美雪はすでに亡くなっていることを知る。事態の真相を明かすため、直人の新居を訪ねた比呂子は、そこであまりにも異様な光景を目にする…。

三省堂書店 有楽町店 内田 剛
とてつもない愛が狂気に変わる瞬間が何ともおぞましい。この物語自体が悪夢である!

忍娘が仇を討つ!
累計6万部を突破した『滔々と紅』の著者4年ぶりの書き下ろし

天生の狐

志坂 圭 (著)

第一回 本のサナギ賞大賞著者、待望の新作。
「仇討ちなどと目くじらを立てて生きていくのも面倒じゃ」
両親の仇は、藩内最強の武士。
生き別れた弟との出会い。初恋相手との関係。
不穏な一揆の気配。
そして忍としての宿命。
少女は、仇討ちを果たすことができるのか。

さらに詳しく

舞台は江戸時代の天生(現在の岐阜県飛騨市)。主人公は、医者の助手として、山で薬草を採って暮らす十七歳の少女、紺。 紺は元武家の娘だが、幼い頃に両親が殺され、医者の宋哲に育てられてきた。宋哲の裏の顔は幕府に使える地方の忍「草」であり、紺もまた忍びの技を仕込まれて育つ。

ある日、街へ降りた紺は、どこか見覚えのある顔をしたひとりの武士を見かける。その武士こそが、凄腕の剣士であり、両親の仇である男「津田」であった。それを知ったことにより、「仇討など馬鹿らしい」と思い生きてきた紺に初めて熱い気持ちが湧きおこる。「忍」として育てられた少女は、はたして両親の敵を討てるのか?

第1回 本のサナギ賞 大賞受賞作品

滔々と紅

志坂 圭 (著)

天保八年、飢饉の村から 9歳の少女、駒乃(こまの)が人買いによって江戸吉原の大遊郭、扇屋へと口入れされる。
駒乃は、吉原のしきたりに抗いながらも、手練手管を駆使する人気花魁、艶粧(たおやぎ)へと成長する。
忘れられぬ客との出会い、突如訪れる悲劇。苦界、吉原を生き抜いた彼女が最後に下す決断とは…。

さらに詳しく

ここは吉原じゃ。世間からは苦界とか地獄とか呼ばれておる。お前にもそのうちわかる。ここから生きて出たければ強い心を持たんといかん。それができないものは死んでいく。馴染む者には極楽じゃ、嫌う者には地獄じゃ。まあ、これはどこも同じじゃがな…地獄か極楽かはお前さん次第じゃ。

丸善津田沼店 酒井七海
吉原をたくましく生き抜く女たちがこれ以上ないくらい生き生きと描かれていた。ほれぼれする。

第3回 本のサナギ賞 大賞受賞作品

君のことを想う私の、
わたしを愛するきみ。

佐木 隆臣 (著)

人が愛するのは、肉体なのか。それとも、魂、心、精神なのか。
28歳でこの世を去った井上彩乃は、100年後の未来で見ず知らずの女性「霧恵」の身体に魂を移植され、再び目覚める。死に別れた最愛の夫と子供が既にいない孤独な世界に絶望する彩乃。さらに彼女は、霧恵の夫である秀と生まれたばかりの霧恵の娘、梢と共に生きることを強いられるが――

さらに詳しく

100年後の未来。
他人の身体に魂を移植された、ひとりの女性。

三省堂書店 営業企画室 内田剛
理性と感性を同時に震わせ、真実の愛を問いかける物語だ

第3回 本のサナギ賞 優秀賞受賞作品

ロンリー・プラネット

雄太郎 (著)

これは、心を揺さぶる「つながり」の物語。
中高年独身者専用集合住宅「ロンリー・プラネット」で多発する殺人事件の悲しき真実と現実とは?
閉塞感のある現代に楔を打つ、新たなエンターテイメント小説。

さらに詳しく

社会に息苦しさを感じつづけてきたエンジニア・桑田は、中高年独身者専用の集合住宅「ロンリー・プラネット」に駆り立てられるように入居する。ほしいものは全て手に入り、静かに、ささやかに一人暮らしを謳歌できる―。過去に殺人事件が起こった施設ではあるが、桑田にとって、ロンリー・プラネットの生活はまさに楽園に思えた。

そんな中、ロンリー・プラネットで新たな事件が発生する。やがて、桑田はゆるやかに事件に巻き込まれ、やがて施設の真実を目の当たりにすることとなる。

三省堂書店 営業企画室 内田剛
想像力をかきたてるストーリー展開に引き込まれた。奇妙な魅力あふれる一冊だ。この磁力は才能だろう。

爽やかに描かれる
ひと夏の青春鉄塔小説!

君と夏が、鉄塔の上

賽助 (著)

第1回 本のサナギ賞 優秀賞作家 賽助の作品!
鉄塔の上に、男の子が座ってる――
鉄塔マニア、破天荒な同級生、幽霊が見えるらしい同級生。
中学最後の夏休みが始まる。

さらに詳しく

鉄塔マニアの地味な伊達(だて)は中学3年生の夏休みをダラダラすごしていた。
しかし登校日の学校で、破天荒な同級生、帆月蒼唯(ほづきあおい)から「鉄塔のうえに男の子が座っている」と声をかけられる。
次の日から幽霊が見えると噂される比奈山(ひなやま)も巻き込み、鉄塔の上に座るという男の子の謎を解き明かそうとするのだが――。

出版社からのコメント
何度読んでも最後の1行には感動。
「夏休み」があったころの自分に帰れます。

第1回 本のサナギ賞 優秀賞受賞作品

はるなつふゆと七福神

賽助 (著), ゆうこ (イラスト)

笑う門には福来る! …って、全員集合ですか!?(汗)
平凡なニート女子と個性的な神様たちのゆるぐだ日常ファンタジー。

さらに詳しく

会社をクビになって途方に暮れていた榛名都冬(ルビ:はるな つふゆ)のもとに突然現れたのは、七福神の老人コンビ、福禄寿と寿老人!
知名度が低いことを嘆く二柱に、ネットでのPR活動を頼まれた都冬。
「……お二人の名を広めることができたら、私の願い事も叶えて貰えますか?」
そうして、都冬と神様たちの可笑しな共同生活が始まった!

第2回 本のサナギ賞大賞作家
百舌涼一 待望の最新作!

フラワード

百舌 涼一 (著)

「あなたが死んだら、誰が笑ってくれますか?」
花言霊屋アルバイト(18歳・男性)

無口な少年が出会ったのは、葬式専門で花言霊を込める花屋の“魔女”だった……。

さらに詳しく

大好きな祖母と、大嫌いな母を亡くした継実(つぐみ)は、無口すぎてどこでも働けず、生活に困っていた。
そんなある日、喋らなくても会話ができる“自称魔女"の琴花たま子に出会う。
彼女が店主の花屋でアルバイトをはじめた継実だが、そこはただの花屋ではなく、「葬式専門」の花屋。 しかも、たま子が「花言霊」を込めた特別な花を届ける、花言霊屋だった。

この記事をシェアする

その他のオススメ記事を見る