ディスカヴァー ビジネスパブリッシング - Discover 21

ビジネス
たな選択肢。
出版社が寄り添い
経営者の理念を、形あるものに。

業績向上・従業員への理念浸透・優秀な人材の採用……
あらゆる課題を解決するための「新たな選択肢」。

ビジネス書、自己啓発書などの実績が豊富な出版社、ディスカヴァー・トゥエンティワン。
メインミッションである「人と組織の可能性を拓く」に準拠したコンテンツをご提供しています。
書籍の制作はもちろん、動画、WEBサイト、SNSコンサルまで。
出版業界で35年間、培ってきたノウハウを活かし、360°展開でサポートいたします。
プロジェクトを通じて対話を重ね、問いを一つひとつ生み出すことで、
経営者様自身も気づかなかった「新たな選択肢」を明文化し、解決へ導く。
それが、私たちが目指すゴールです。

サービス

つくって、届けて、解決までご一緒に。

取材・編集

書籍や動画などのコンテンツ制作は、編集者とライターによる取材が基本となります。お客様と対話をすることで、解決すべき課題を明らかにします。そのあとで、編集者の視点から想いを言葉に変換し、ターゲットに届くコンテンツへと昇華します。

本の流通・プロモーション

制作した書籍は、ディスカヴァー・トゥエンティワンの強みである、全国約5000にものぼる書店との直取引によって配本されます。業界の常識を覆した独自の販売スタイルで、届けたい相手のもとへ大切な本を届けます。

動画・WEBコンテンツ

出版社が制作する動画コンテンツは、書籍の伝えたいポイントを絞り、より多くの人にメッセージを届けるのに効果的です。また、課題によっては書籍を制作せず、動画を中心としたコンテンツ制作も承っています。

得意なこと

こんなことにお困りではありませんか?

製品・サービスのPR

企業の強みが凝縮された製品やサービスには、開発にいたるまでの、さまざまな苦労が詰め込まれています。そのような「企業しか知らない話」を一つのストーリーとしてPRすることで、ユーザーのエンゲージメントを高めます。

理念浸透による組織力強化

企業の根幹ともいえる理念、メインミッションを客観的な視点で捉えなおし、言語化します。経営者の志を社員に浸透させることで、モチベーションの向上や組織力強化を図ります。

優秀な人材の採用

「会社の魅力を正しく伝え、ミスマッチのない採用をしたい」。そんな課題を解決するために、経営者の志や社風、社員がいきいきと働く姿を伝えます。会社説明会やセミナーなど、幅広い用途で活用できます。

実績

なぜ、人と仕事に困っているのに
NSを始めないんですか?
櫻井大輔(著)

警備業 ブランディング

TikTok日本企業アカウントNo.1(2022年2月時点)の登録者数を誇る企業が、自社のSNS活用の狙いからノウハウまで余すことなく公開。中小企業こそ、SNSに取り組むべきであると社長が語る!
著者TikTokアカウント
https://www.tiktok.com/@dkykeibi_tokyo

Amazonで見る

はじめての投資女子note
理想の自分を手に入れる30日ワーク
深田彩乃(著)

スクール事業 ブランディング

全国2万人以上の「投資女子」の人生を変えた女性投資家がやさしく教える、準備ゼロからはじめるワークブック。すべての女性に自分らしく、選択肢の多い人生を。

Amazonで見る

サロン進化論
柿坂正樹(著)

流通システム運営 ブランディング

これからの店舗経営を有利にする「プラットフォーム・ビジネス」を徹底解説。美容サービスにかかわるすべての人に、これからの時代に必須となる「美容業界のDX」について紹介。

Amazonで見る

夢を叶える 
イメージマップの創り方
角谷ケンイチ(著)

食品・化粧品メーカー 認知獲得

カレー好きの女子高生・久実が見つけた、夢を叶えるために大切なこととは。謎の妖精ブルブルくんが導く、大好評「魔法のノート」シリーズの第2段。

Amazonで見る

テクノロジー共存時代の新バイブル
AIを使う人事 AIに使われる人事
石丸晋平(著)

AIサービス企画・開発 ブランディング

「人とAIの調和」について、「人事・採用」という切り口から一つの考え方をまとめた1冊。「AIが人の仕事を奪う」という物語への違和感について考えさせられる。

Amazonで見る

PR動画公開中

直感経営
NASAが“刃”のないミキサーを使う理由
石井重治(著)

産業用機械メーカー ブランディング

1度でも難しい業種転換を5度成功させ、50年以上成功し続ける経営者の「嘘のような実話」を紹介。著者が語る「直感力」がこれからの経営にもたらすものとは。

PR動画公開中 Amazonで見る

インタビュー

本を出す「前と後」