ディスカヴァー・トゥエンティワン

『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』イルセ・サン 身近な人がHSPの場合の
適切な対策・対処方法とは

この記事は、「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち(イルセ・サン)」から著者の許諾を得て、
一部内容を引用・抜粋しながらテーマに沿って課題を紐解いていきます。

5人に1人がHSP

HSPが認識されてこなかった時代背景

世の中のおよそ5人に1人がHSP(Highly Sensitive Person:とても敏感な人)だと言われています

HSPとは、アメリカの精神分析医で学者のエレイン・アーロンによって、1996年に提唱された比較的新しい概念です。アーロンは、人を男性と女性というように性別で分けるように、とても敏感なタイプとタフなタイプの2つに分けただけであると主張しました。
たしかに今の社会では、外交的でタフな人たちのほうが、「健康的で価値がある」と見なされる傾向があり、エネルギッシュでチャンスをものにしやすいのも事実です。
こうした考えは心理学の世界でも浸透しており、心理学では人間の性格を分析するのに以下の5つの指標が用いられています。

  • 神経質傾向
  • 外向性
  • 開放性
  • 誠実性
  • 調和性

更に、外向性というのは以下のような言葉で表現されます。

  • 温かい人
  • 人との交流を求める
  • 支配的
  • 活動的
  • 刺激を求める
  • 肯定的な感情
ではいったい内向性というのは、どのように言い表されるのでしょうか?

このようにして人格を言い表す方法を確立したのは、恐らく外交的でタフな人たちでしょう。
これらを見ていると、“豊かな内面世界”や“深く物事を考える力がある”といった長所は見落とされていることに気が付きます。
こういった時代や文化による背景が原因で、HSPの特徴を持つ多くの人が自尊心の低さに苦しんでいるといいます。

良好な環境下であれば、高い能力を発揮できる

ある研究で、困難な状況下でほかの子よりも強い反応を示した子(感受性の強い子)は、ストレスフルな環境下では、ほかの子よりも病気にかかりやすく、事故にあいやすいことがわかりました。
ところが、これらの子どもたちは通常の環境下では、他の子どもよりも病気にかかりにくく、事故にあいにくいのです。(boyceほか、1995年)
このように、HSPは環境が整っていない環境下では困難に見舞われますが、一方で、適切な環境下では、HSPでない人たちよりも、その環境を楽しめるという特徴があります。
現在、様々な研究や実験がなされるなかでおよそ5人に1人がHSPであると言われています。そしてそれは、HSPが少数派であることが疑いようもない事実であるいうことを示しています。

HSPは生まれ持った気質

HSPをより深く理解するために、その特徴についてもみていきましょう。HSPは、そのほかの人と異なる特徴を持って生まれてきたと言われています。

HSPは新生児のときから、刺激に対し強い反応を示すことが多くあります

心理学者のジェローム・ケーガンは、生後4 ヶ月の赤ん坊500人を対象に実験を行った結果、5人に1人の赤ん坊が、ほかの赤ん坊と違う反応を示すことに気が付きました。
同氏は、この2割の子どもを、ほかの子よりも警戒心が強く、慎重であることから”激しく反応する子”と呼びました。更に、その子どもたちが2歳、4歳、7歳、11歳になったときにも再び招集しましたが、乳児期に激しい反応を示していた子どもは、相変わらずほかの子どもたちよりも新しい刺激に強い反応を示しました。
ところが、赤ん坊の頃とは違って「強い反応を示す」からといって、「落ち着きがない」ということはなく他の同世代の子たちよりも人生についてより深く考え、静かで内省的な人間に成長します。

身近な人がHSPの場合の対応・対策

生まれ持った性質としてHSPという特徴を持った人が5人に1人は周囲に存在するなかで、身近な人々はどのような対応策を講じることが適切なのでしょうか。
ここで、「HSPの能力」と「抱えやすい心の問題」について概要を記します。
※詳細は割愛

HSPの能力

  1. 一度に多くの情報を吸収できる
  2. 音やにおいなどの微細な違いも察知できる
  3. ゆっくり、深く多角的に考えられる
  4. とても慎重で、危機管理能力が高い
  5. 共感力が高き、気配り上手
  6. 誠実で、責任がある
  7. 想像力が豊かで、内的生活が充実している

抱えやすい心の問題

  1. 自分自身に高度な欲求をしてしまう
  2. 罪悪感と羞恥心に苛まれてしまう
  3. 恐怖心を感じ、憂鬱になりやすい
  4. 怒りをうまく放出できない

このような特徴を加味して、HSPの人たちは意識的に以下のような振る舞いをすることがあります。

  • 周囲の人に自分がHSPであることを伝える
  • 自分の限界点をはっきり伝える
  • 休憩や散会の時間を事前に伝える
  • 言葉の洪水に溺れないように会話中に休憩をとる

上記はごく一例ですが、受け取る情報の量に溺れたり、深くこだわりすぎないよう、自ら人間関係や物事に距離を保とうとする様子が散見されるかもしれません。
これらをドライで対人関係に問題があると捉えるのではなく、HSPなりの自己コントロールなのだということに理解を示していただけたらと思います。
前章でも解説したように、内向性・感受性が不当に低い評価を与えられるという環境は少なからず存在しています。それぞれの人格が、時代や文化を背景にどのように描写され、評価されるかは、個々人に大きな影響をもたらすでしょう。
そこで、生まれ持った気質であるHSPと向き合い、うまく付き合おうとしている人がもし身近にいた場合には

  • HSPという特徴に理解を示す
  • 適切な立場、ポジションを与える
  • 静かに見守りサポートする

といった対応策が有効であると考えられます。
自分自身への内省、深い思慮、その場の空気や人の表情から即座に状況を察知できる特徴は、あらゆる組織やコミュニティにおいて必要な能力であるといえます。
「良好な環境下であれば、高い能力を発揮できる」の章でも解説したとおり、HSPはストレスのかかる環境では免疫力が落ちたり注意力が散漫になる傾向がありますが、適切な環境下ではむしろ高いパフォーマンスを発揮する可能性があり、職場や家庭内においても重要な役割を担ってくれることでしょう。

まとめ

なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない人がいるのか?「神経質」でも、「忍耐力がない」わけでもありません。敏感さは、愛すべき「能力」です。
5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を‟敏感さを武器"に強く生き抜くヒントとして「鈍感な世界に生きる 敏感な人たち」は書かれました。
また本記事は書籍内の言葉を拝借ながら要約を行い、「身近にHSPがいる人のために」どのような対応、対処が求められるのかという点に焦点を当てました。
より深くHSPを理解するために、本書を手にとっていただけたら嬉しいです。

HSPセルフチェック

社会情勢の変化に不安を感じたり、仕事や人間関係でのストレスを感じたり……。
5人に1人が該当すると言われるHSP( Highly Sensitive Person / とても敏感な人 )。それは病気ではありません。自分自身のことを深く知ることで、あなたの敏感さを強く大きな能力に変えていくことができるはずです。
こちらのHSPセルフチェックを使って、ぜひご自身の状態を診断してみてください。

敏感さは、愛すべき「能力」です。

鈍感な世界に生きる敏感な人たち

イルセ・サン(著)
枇谷 玲子(訳)

なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない"のか?
あなたは、「神経質」でも、「忍耐力がない」わけでもありません。
敏感さは、愛すべき「能力」です。

5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を?敏感さを武器"に強く生き抜くヒント
★「HSPチェックリスト」「HSPのためのアイデアリスト」付き

さらに詳しく

***もしかしたら、あなたもHSP?***
□毎日、1人でいる時間が必要
□勘が良く、嘘を見破るのが得意
□テレビで暴力シーンを観ると、何日も影響されてしまう
□空腹や寒さを感じると、そのことが頭から離れなくなる
□仕事中、監視されているとストレスを感じる
□美しい自然や芸術作品をみると、喜びで胸がいっぱいになる

目次とキーワード
第1章

─ 鈍感な世界に生きる「敏感な人」とは

第2章

─ 「敏感な人」が抱えやすい心の問題

第3章

─ 「鈍感な人たち」とうまく付きあうには

第4章

─ 「敏感な自分」とうまく付きあうには

この記事をシェアする

その他のオススメ記事を見る