マインドフルネスダイアリー 2021

⼿帳の特徴 FEATURES
OF THE DIARY

マインドフルネスダイアリー 2021 マインドフルネスダイアリー 2021

Googleで生まれたマインドフルネスの能力開発メソッド「SEARCH INSIDE YOURSELF」をビジネスシーンで展開する著者がプロデュースする、マインドフルネスの考え方を基に日々自分を成長させる手帳です。

・「ジャーナリング」(マインドフルネスの手法のひとつ)による記入欄
・毎月の始めに著者のコラムを掲載
・日常生活におけるマインドフルネスのティップスを掲載
・すぐに実践できるマインドフルネスのワークを掲載

著者
一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート
荻野 淳也、木蔵シャフェ君子、吉田 典生、中村 悟
スケジュール期間
マンスリー:2020.12 ~ 2022.1
ウィークリー or デイリー:2020.11.30 ~ 2022.2.6
本体サイズ
四六判:185×128×11mm

手帳の使い方 HOW TO USE THE DIARY

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート荻野 淳也、木蔵シャフェ君子、吉田 典生、中村 悟

「いまここ」に対する解像度を上げ、「いま」を豊かに生きていく

一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート
荻野 淳也、木蔵シャフェ君子、吉田 典生、中村 悟

『マインドフルネス ダイアリー』は、2018年にはじめて刊行され、今年で3年目を迎えます。2019年版を使用された方は2020年版も使用するというように、リピーターも多い手帳です。
通常、手帳というと、日々の予定や出来事を記録し、管理するためのものですが、この手帳は、皆さんの心と脳をととのえるためのものです。もちろん、日々の予定や出来事の管理のために活用いただくこともできますが、毎月のコラムや tips、workを読み、実践したり、または、ウィークリーのページに記載されているテーマに従い、ジャーナリングというワークを日々実践していただくことで、ご自身の心と脳がととのうように構成されています。
毎月のページの冒頭では、マインドフルネスを実践するにあたり、その時期に意識していただきたい内容をショートコラム形式でお伝えしています。また、習慣のためのコツや習慣にしてもらうための知識を「tips」として記載しています。さらに、マインドフルネスを身につけるための基本の瞑想や応用の瞑想、その他のおすすめのワークなどを「work」としてご案内しています。
「いま」の連続によって、私たちの「人生」は構成されています。豊かな「いま」を積み重ね、豊かな人生を実現するための習慣を、この『マインドフルネス ダイアリー』で身につけてください。
(「はじめに」より抜粋)