紙書籍の未電子化作品を募集いたします

To Partners 書籍を出版されている著者のみなさま

ディスカヴァーでは未電子化作品の募集をしています。
電子書籍の登場により、いつでもどこでもたくさんの本を持ち歩ける時代になりました。
今では電子書籍の出版はごく普通のことになりましたが、過去の書籍には電子版がないものも多数あります。
現在の読書シーンの多様化にあわせ、ディスカヴァー・トゥエンティワンで「良質なコンテンツを電子化」し、より多くの読者に届けてみませんか。

ディスカヴァーの電子書籍実績

  • 電子化タイトル1000以上
  • 電子書籍専属の営業、制作部門を有し、電子取次、大手ネット書店と強いパートナーシップを発揮しています。
  • 定期的な書店キャンペーンの参加、オリジナルキャンペーンの実施。販売促進に強みを持っています。

Application overview 応募概要

電子書籍化ご希望の応募資格

電子書籍募集ジャンル

  • ビジネス書を中心とし、自己啓発書、実用書などオールジャンル。

ご応募いただいた作品の結果について

現在、多くの著者さまからご相談をいただいています。嬉しい限りではございますが、一方でいただいた原稿のすべてに結果をお知らせすることができなかったり、ご連絡まで時間がかかったりすることが実状でございます。そのため、小社では原則として編集部がぜひ電子化したいという作品にのみご連絡をさせていただいております。あらかじめご了承ください。

ご応募いただいた作品の著作権・出版権・電子化権について

ご応募いただいた作品の著作権は著者に、電子出版権は小社に帰属することとなります。
ただし、半年を経過しても小社よりご連絡がない場合、また、小社から出版が困難であると判断し著者の方へご連絡を差し上げた場合は、その作品の出版権は著者の方へ帰属することとなります。

出版に際しての印税等について

出版に際しては当社規定の印税をお支払いいたします。
また、その際には別途小社規定の書式によりご契約いただくこととなります。

書籍の内容について

オリジナル作品をご用意ください。
当然のことですが、ご応募いただいた作品が第三者の著作権、肖像権その他いかなる権利も侵害するものでなく、かつ、公序良俗に反しない合法的なものであることに責任をお持ちください。

ご応募いただいた方の個人情報について

ご応募いただいた著者の方の情報については、個人識別が可能な状態で第三者には提供しないものとします。
但し、次の場合、応募データの一部又は全部を開示することができるものとします。

  • 著者の方の同意が得られた場合
  • 法令に基づき、裁判所、警察などの政府関係機関から弊社が開示を求められた場合
  • その他小社の権利を守るために正当な理由がある場合

電子化出版にまつわるQ&A

紙の書籍は他の出版社から出している場合でも、ディスカヴァーで電子化出版は可能か
可能です。一般に、出版権と電子化権の権利は分けられています。電子化にあたり、版元さまとの交渉実績もございます。
レイアウトはどのようなものを想定しているか
リフロー形式(電子書籍で読んだときに、文字の拡大・縮小、ハイライトが出来る形式)を予定しております。
ですが、横長レイアウトやレイアウトが凝っている書籍については固定にさせていただく場合がございます。
表紙はどうなるのか
弊社にて新しいものを制作予定でございます。
シンプルなものを想定しており、デザインのご希望などは伺えませんのでご了承をお願いいたします。
ですが書籍の内容や雰囲気を壊さないよう、注意を払いますのでご安心くださいませ。
一部改訂が可能なのか
数値の変更など、軽微なものについては可能でございます。
ですが章が変わる、などの大きな改訂についてはいたしかねる場合もございます。
改訂に関して費用が発生するのか
基本的にはご費用をいただくことはございません。
書籍タイトルの変更ができるのか
いたしかねます。
一度購入された読者様の混乱を防ぐためにもご了承をお願いいたします。
すでに廃盤になっていますが電子化可能か
書籍自体があれば制作可能で、問題ございません。書籍を一度バラしてスキャンをして読み取り、電子化をいたします。
配信はどこで行うのか
Kindle、楽天kobo、applebookなどの主要電子書店ストアで配信予定です。
販売額はどの程度を想定しているのか
書籍定価での販売を予定しております。
ですが、キャンペーンなどで変動をさせていただく場合がございます。