ムーンブック 2020

⼿帳の特徴 FEATURES
OF THE DIARY

ムーンブック 2020 ムーンブック 2020

愛され続けて16周年のロングセラー。月と語らい、月に癒される、月を味方にする手帳です。
ポイントは毎日の月の満ち欠けと月の位置する星座が書かれていて、気分の変化や心の動きを感じることができます。占星術の第一人者ならではの知識と思いがたっぷり詰まった月ごとのコラムや、「月が教える行動のアドバイス」「毎日の食事に役立つ星座別の食材&レシピ」など充実のコンテンツです。

著者
岡本 翔子
スケジュール期間
マンスリー:2019.11 ~ 2021.1
ウィークリー or デイリー:2019.11 ~ 2020.12
本体サイズ
四六判:133×189mm

手帳の使い方 HOW TO USE THE DIARY

岡本 翔子

月と語らい、月に癒される機会が増えることを祈ります

岡本 翔子

世の中全体が「不寛容」になり、怒りや負の感情を抑えられない人が増えています。理由もなく理不尽な目に遭うこともあるでしょう。そんなとき、ふと夜空を見上げると月が輝いている。今、自分が眺めている月を、世界のどこかで同じように見上げている人がいる……そう思うと、波立つ心にいつしか静けさが甦り、“誰かとつながっている”という小さな喜びが芽生えます。
この手帳をきっかけに、月を眺める回数が増え、月と語らい、月に癒される機会が増えることを祈ります。世界中の月を愛する“月族”たちに、月と戯れる“月の子どもの心”を失わないあなたに、この『MOON BOOK』を捧げます。(「はじめに」より抜粋)