ノマド化する時代

ノマド化する時代

著 | 大石哲之
1500円 (税抜)

ページ数:264ページ
発売日:2013/3/28
ISBN:978-4-7993-1305-3

Product description 商品説明

それははたして、自由の楽園か? それとも、殺伐たる砂漠の地か?

税負担を逃れて国境を自由に超えるグローバル多国籍企業と〈ハイパーノマド〉と、ノマド化するコモディティ業務とともに、ノマド化を強いられるグローバル版出稼ぎ〈下層ノマド〉の超格差社会到来!
あなたは、その現実に耐えられるか?


日本人もいつかは気づくはずだ。いつか国が国民を支えきれなくなって、ある日突然、自己責任です、好きなように生きてくださいと放り出すときがやってくるかもしれないことに。そのとき、個人と国という関係においても、個人はノマドを強いられる。このような世の中で、どう生きていくのか? そのために、いまからできることは?

この本は、〈ノマド〉について書いた本である。〈ノマド〉といっても、流行りのノマドワーカーとはちょっと違う。世間ではノマド=フリーランスワーカーという言葉が定着しているけれども、もともとの意味をたどっていくと、なにもフリーランスワーカーという意味ではない。

1. 近代国家に代わって、グローバル企業・個人が主役になる新しい中世
2. 中心がなくなり、世界中に離散する組織や個人の形態

このふたつが本書でいう〈ノマド化〉の概念である。そのような社会のなかに、いやがおうにも僕たちは巻き込まれつつある。そこで僕たちは、どうサバイブしていくのか?

ノマド化する時代を踏まえた新しい「働き方・キャリア」「ビジネス」「ライフスタイル」を研究し、実践していく会員制のコミュニティ「ノマド研究所」を主宰する著者が、東南アジア各国で生きる多くのノマドたちを、丹念に取材。満を持して世に送る、ノマド化する社会と個人の実態と、その時代を生きるためのヒント。

21 世紀をひらくディスカヴァー・レボリューションズ!シリーズ第 3 弾!

Author description 著者情報

大石哲之

1975年東京生まれ。慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、株式会社ジョブウェブの創業をへて、株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役(現職)、株式会社タグボート監査役(現職)、一般社団法人日本デジタルマネー協会理事。
現在は、ビジネスコンサルタントとして、経営の支援や、創業などにかかわる一方、海外に移住し、場所・時間・国家にとらわれないライフスタイルを実践し、作家、ブロガー活動を通じて情報を発信している。著書に「ノマド化する時代」(ディスカヴァー21)、「3分でわかるロジカルシンキングの基本」「3分でわかる問題解決の基本」(日本実業出版社)、「過去問で鍛える地頭力」(東洋経済新報社)、「コンサルタントの読書術」「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?」(tyk publishing)など、多数。
詳しくはこちら