マジシャンだけが知っている最強の心理戦略

マジシャンだけが知っている最強の心理戦略

著 | スティーブ・コーエン
訳 | 宮原育子
1500円 (税抜)

発売日:2015/8/27
ISBN:978-4-7993-1765-5

Product description 商品説明

※本書は2007年に小社より出版した『カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ超一流の心理術』を改題し、再編集したものです。

「これは手品ではない。本当の奇跡そのものだ!」
 ――セス・ゴーディン(『紫の牛を売れ!』著者)

「このマジシャンをぜひ実際に見てほしい。何しろすごい!」
 ――マイケル・ブルームバーグ(ニューヨーク市長)

「この本に書かれた秘訣のおかげで、私は最も手ごわい面々――筋金入りの実業家たちの中に協力者を得られた。大勢の人間の前でも、数名の相手の前でも、自分の考えを強力に伝えることができるようになったのだ。本書を読めば、あなたもきっとこの技を会得できるはず」
 ――シュテファン・メッサー(リンクシェア・コーポレーション〈米ネット広告大手〉CEO・会長)

NYのミリオネアが喜んで煙に巻かれたカリスマ手品師による
超実践的心理テクニックのすべて。待望の新装版登場。


マジシャンって、すごいと思いませんか?
半信半疑の観衆の前で早業のトリックを演じながら、
巧妙な話術と身ぶり手ぶりで好奇心を引きつけ、
ここぞというタイミングでグッと観衆の心をつかむ!
本書を読めば、そんなマジシャンの心理テクニックや
話し方、プレゼンテーション・スキルの全てがわかります。
著者は心理学者であり、またニューヨークで「ミリオネアズ・マジシャン」として、
ロックフェラー家やジャック・ウェルチ、カール・セーガンほかの
有名人や大物実業家の面々を煙に巻いているカリスマ手品師。

人前で話をする職業の方や、セールスや接客サービスなど、
コミュニケーションを生業にしている方に非常に役に立つ「心理戦略」が、
ここまで教えていいのかというくらい、具体的に書かれている一冊です。

Index 目次

MAGIC1 マジシャンはどうやって観客の心をつかむのか?
MAGIC2 最高の自分をもって場にのぞむ ……コミュニケーションスキル
MAGIC3 聞き手に信頼と好印象を与える ……話し方&プレゼンテーション
MAGIC4 相手の心理を自在にあやつる ……華麗なる心理テクニック
MAGIC5 相手の気持ちを引きつけて離さない ……カリスマになる方法
MAGIC6 相手の状態や頭の中をスパッと見抜く ……読心術
MAGIC7 会話を思いどおりの方向に導く ……マジックワード
MAGIC8 相手の視線や興味を思うままにあやつる ……ミスディレクション

Author description 著者情報

スティーブ・コーエン

「ミリオネアズ・マジシャン」として知られる人気マジシャン。こぢんまりしたプライベート空間で観客にマジックを見せる手法で好評を博し、世界中を飛びまわりながら、特権階級のパーティーや大企業のイベントなどで活躍。デイヴィッド・ロックフェラーやジャック・ウェルチ、カール・セーガン、マイケル・ブルームバーグといった有名人や大物実業家の面々を煙に巻いている。
地元ニューヨークの有名ホテル・ウォルドルフアストリアで「チェンバーマジック」という単独ショーを開催しているほか、ロンドンのウエストエンドやサンフランシスコのリッツ・カールトン・ホテルでは数ヶ月先までチケットが売り切れという人気ぶり。またマジックサークル・ロンドンからゴールドスターを授与され、MIMC(メンバー・オブ・ザ・インナー・マジック・サークル)の名誉ある地位を占めている。
その卓越したマジックと読心術は、CNNをはじめ『マーサ・スチュワート・リビング』誌、CBSイブニングニュース、アーリーショー、CNNフィナンシャル、ヒストリーチャンネル、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『ファイナンシャル・タイムズ』紙、『ニューヨーク・ポスト』紙、『レクサス・マガジン』、『ザ・サンデー・タイムズ・ロンドン』紙、『イヴニング・スタンダード』紙など、さまざまなメディアで賞賛を受けている。
コーネル大学において心理学の学位を取得し、早稲田大学に一年間留学した経験もある日本通。日本語を母国語同様に使いこなし、日本政府のために通訳を務めたこともある。現在は、妻と二人の子とともにニューヨーク在住。
詳しくはこちら

宮原育子

早稲田大学大学院文学研究科中退。2002年DHC翻訳新人賞優秀賞。訳書に、『愛犬は恋のキューピッド』(バジリコ刊)、『世界の成功哲学50の名著エッセンスを解く』(ディスカヴァー刊)、『ラッセル先生が「幸せになる哲学」を教えてくれた』(PHP研究所刊)、『生きる武器を持て トルストイの叡智』(イースト・プレス刊)がある。
詳しくはこちら