ビジネスマンのための最新数字力養成講座

ビジネスマンのための最新数字力養成講座

著 | 小宮一慶
1000円 (税抜)

ページ数:240ページ
発売日:2016/6/16
ISBN:978-4-7993-1909-3

Product description 商品説明

 累計85万部を超える人気シリーズの最新刊。2008年3月初版発行で15万部以上のヒットとなった『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』の8年ぶりの第二弾でもある。

 基本的な数字を知っていると、国家予算は怖くてみられない!
 東京電力はなぜいまも大儲け!?
 ユニクロとマクドナルド、驚きの原価率!
 ここまで来ていたシャープの窮状!

 今回は、資料として、より経済的、より経営的な「数字」を用いることで、より実践的に、一瞬で会社の経営状態を知る方法や、社会の本当の姿の一端を見ながら、日本の政治のディープな部分の多くを推測する方法も学ぶことができるように、工夫されている。それらが身に付く演習問題も豊富。

 新聞などの記事を同じように読んでいても、登場する数字をどのようにとらえるかによって、見えてくる世界は大きく異なる。ときに、政治や経済の世界の裏側で起こっていることも垣間見える。それらが見えている人は、どのように「数字」を扱っているのか?
 コンパクトな本の中に、その秘訣が、的確に示されている。読み終えたときには、読者の世の中や仕事、会社を見る目は広く深く変わっていることだろう。 
 本書は、こうした「数字力」があるかどうかは、経営上の戦略立案にも、人生設計にも影響を及ぼしてくるに違いない。
 世の中は「複雑系」であり、それを読み解くかぎは「数字」だ。本書を読み終えたあと、読者の視界がより広く、より深くなっていることを期待する。

Index 目次

はじめに  3
たった2500億円!? 全体像から一部を見る。一部から全体像を推測する 6
オリンピックで景気浮揚は期待できない。
 基本的な数字が分かれば、世の中が正しく見える 8


第一章 数字が見えると、世の中が見える  25

1 全体の数字が分かれば本質が見える
     名目GDP、一般会計予算などから日本の課題を見る  26
2 数字の基礎的な知識が分かれば、世の中がもっと見える
     気になる企業の決算書にも、報道されない政治の裏側が見え隠れする  48
3 数字を関連づけて、仮説を立ててみよう
    異次元緩和の出口はゆうちょ? 貯蓄から投資へは、日本を救うか?  58

第二章 基本的な経済の数字と定義を知る
        経済の数字から、日本の現状と将来が見える  69
1 日本の人口
    少子高齢化、この現代日本、最大の課題は、出生率から分かっていたことなのに、
    どうしてこれまで手がつけられないできたのか?  72
      ついでに知っておこう! 日本の労働人口  76
2 日本のGDP
   GDPの計算式、名目GDPと実質GDPの違いが分かりますか?  78
     ついでに知っておこう 一人あたりの平均給与  92




3 国家予算
    日本の財政の現状を知る  94
     ついでに知っておこう 日本の高齢化率  104
4 世界の人口
    人口最多国ポスト中国の時代に向けて世界はもう動き出している  106
5 世界のGDP
    中国への、日本の経済的依存の度合いを知っていますか?  108
      【演習問題】 113
      【演習問題】  118

第三章 基本的な「会計」の数字と定義を知る
       決算書が一目で分かるようになる  120

1 会計の基本を学ぶ  124
2 貸借対照表を見れば、一目瞭然! 
     強い! ファーストリテイリング。
     この先、二、三年が勝負、日本マグドナルド  136
3 損益計算書で、儲けの仕組みを見る
    ファーストリテイリングと日本マグドナルド、驚きの原価率  148
4 キャッシュ・フロー計算書で、実際のお金の動きを確認してみる 158
        【演習問題】  164
5 ここまできていた……。貸借対照表で分かるシャープの窮状  166
6 財務諸表が読めるようになると、JR九州の上場が許せなくなる!? 172
?
第四章 「数字」の見方 四つの基本  185

1 重要な数字とその定義を知っておく 191
       【クイック演習】  191

2 全体の数字の中での位置づけを知る  192
       【クイック演習】  195
3 統計的に考える  196
       【クイック演習】  204
4 数字と数字を関連づけて、仮説を立てて考える  205
       【クイック演習】  207

第五章 「数字力」を鍛える11の習慣? 211

1 新聞のリード文を読んで、関心の幅を広げる  212
       【クイック演習】  213
2 つねに数字で考える  214
       【クイック演習】  217 
3 数字は客観的だが主観的にもなることを意識する  218
       【クイック演習】  219
4 大きな数字を把握する 小さな数字にもこだわる  220
       【クイック演習】  221
5 検算する  222
       【クイック演習】  223
6 月曜日の日経新聞の「景気指標」欄に毎週目を通す  224
       【クイック演習】  225
7 決まった日に数字をチェックする  226
       【クイック演習】  227
8 メモをとり、つねに頭の中に数字をインプットする  228
       【クイック演習】  229
9 メモを繰り返し読み、頭の中のデータベースを整理する  230
       【クイック演習】  231
10 アウトプットして、
    自分の頭の中のデータベースのレベルをチェックする 232
       【クイック演習】  233
11 勉強を続ける  234
       【決意】  235

Author description 著者情報

小宮一慶

経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表取締役会長CEO。十数社の非常勤取締役や監査役、顧問のほか、名古屋大学客員教授も務める。
1957年、大阪府堺市生まれ。京都大学法学部卒業後、東京銀行入行。米国ダートマス大学タック経営大学院留学、MBA取得。その後、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。後に、日本福祉サービス(現セントケア)を経て、1996年、独立し、現在に至る。
企業規模、業種を超えた「経営の原理原則」をもとに、幅広く経営コンサルティング活動を行う一方、年100回以上講演を行う。経済指標を用いた講演には定評がある。自他ともに認める数字オタク、乗り物オタクでもある。
『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』『社長の心得』『ビジネスマンのための最新「数字力」養成講座』『なれる最高の自分になる』(ディスカヴァー)、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』『図解キャッシュフロー経営』(東洋経済新報社)など、著書は140冊を超え、現在も経済誌等に連載を抱えるほか、「ちちんぷいぷい」(毎日放送)など、関西では複数のTV番組にレギュラー出演中。経済トピックスのコメンテーターも務める。
◆小宮一慶Facebook  https://www.facebook.com/kazuyoshi.komiya.94
◆小宮コンサルタンツ http://www.komcon.co.jp/
詳しくはこちら