投資型医療

投資型医療

著 | 武内和久
著 | 山本雄士
1000円 (税抜)

ページ数:288ページ
発売日:2017/9/14
ISBN:978-4-7993-2162-1

Product description 商品説明

糖尿病に1.2兆円。人工透析に1.6兆円。骨粗鬆症骨折に1兆円―。
じつは、健康なあなたも払っています。


自分も家族も健康そのもので、医療の世話になることはほとんどないーーそうした人たちにとっても、医療の「これから」は他人事ではない。
皆保険という制度では、医療を使う使わないに関係なく、保険料を支払わなくてはならないのだ。つまり社会全体の負担はあなたの肩に、いや財布に重くのしかかっている。
医療は病気があるから生まれたのではなく、健康を損なわないために生まれた。医療が病気を治すためにあるのか、病気から守るためにあるのか、この違いは大きい。
本書を読んで、ぜひ健康のケアそのものを目的とする「投資型医療」への転換を考えてほしい。それが必ず大きな力となって、やがて社会を変えていくのだ。

※本書は『僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない』(2013年小社より刊行)を改題・再編集したものです。

Index 目次

[序章] 僕たちはもう、沈み始めている
あなたの財布から、大事な原資が持ち出されている/保険料を上げるだけでは、増大する医療費をまかなうことはできない/激動の人口構造反転時代をどう生き抜くか/未来へのツケに沈む国/他

[第1章] 「医療がしていること」と 「医療ができること」の大きなギャップ
今の医療は、「健康」をムダにしてしまっている/糖尿病を治療できているのは患者5人のうち1人/骨粗鬆症患者1千万人が放置されている/他

[第2章] 今、社会が背負っている「医療」の姿
医療費は、どこからやってきて、どこに消えていくのか?/医療費には、3千通りの負担の仕方がある/現役時代に健康をケアできなかった高齢者が、リタイアしてから医療費を押し上げている?/隣のメタボの医療費も、あなたが支払っている/他

[第3章] なぜ健康とお金をムダにしてしまっているのか?
トラブルシューティング型医療が、健康とお金をムダにしている/医療の質を高めても、ご褒美がもらえない/ 「分かち合い」という名の、責任の所在そのものの不在/「トラブルシューティング型医療」を支え続けるプレイヤーの実態/他

[第4章] 医療の実力を発揮させるための二つの基本
基本1 医療の三つの宿命的難しさを知る/基本2 マネジメントをツールとして賢く使いこなす/他

[第5章] 「投資型医療」で、「皆が長く元気で生きられる、持続可能な社会」を目指そう!
これからの医療の目的は、「治療」ではなく「健康」だ/人にとっても社会にとっても幸せなのは、「病気にならない」こと/究極のビジョンは、「皆が長く元気で生きられる、持続可能な社会」/「投資型医療」とは何か?/投資型医療は、健康にすればするほどご褒美がもらえる医療/投資型医療なら、「皆が長く元気で生きられる、持続可能な社会」を実現できる/他

[第6章] 「投資型医療」を実現するための七つの提言
提言1 社会全体でイノベーションを促進しよう/提言2 病気にならない、病気にさせないための投資をしよう/提言3 開かれた医療でケアの価値を追求しよう/提言4 情報の集約と開示をしよう/提言5 資源の最適再配置をしよう/提言6 政策立案と合意形成のプロセスを進化させよう/提言7 Small-Win(小さな成功)を拡げよう

Author description 著者情報

武内和久

1971年生まれ、福岡出身。東京大学法学部卒業後、厚生省(現厚生労働省)に入省。在英国日本国大使館一等書記官、厚生労働省大臣官房、厚生労働省医政局等を経て、福祉人材確保対策室長を最後に退官。マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社アドバイザー(厚生労働省参与、東京大学非常勤講師等)等を歴任。共著書に『投資型医療』(2017年、小社刊)、『公平・無料・国営を貫く英国の医療改革』(2009年、集英社新書)、『2025年、高齢者が難民になる日』(2016年、日経プレミアム新書)など。
詳しくはこちら

山本雄士

1974年札幌市生まれ。99年東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科、救急医療などに従事。07年Harvard Business School修了。現在、株式会社ミナケア代表取締役、ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャー、厚生労働省参与などを兼任。14年日本起業家賞受賞。教育活動として山本雄士ゼミを主宰。訳書に「医療戦略の本質」(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)、「医療イノベーションの本質」(クレイトン・M・クリステンセンら、碩学舎)など。
山本雄士公式ウェブサイトhttp://yujiyamamoto.com
詳しくはこちら