人生で大切なことはコーヒーが教えてくれる

人生で大切なことはコーヒーが教えてくれる

著 | テレサ・チャン
訳 | 佐々木雅子
1300円 (税抜)

ページ数:168ページ
発売日:2018/10/19
ISBN:978-4-7993-2370-0

Product description 商品説明

一杯のおいしいコーヒーを淹れるように、毎日を最高に味わって生きる。
コーヒーをこよなく愛する著者がコーヒーから学んだ、
満ち足りた人生を実現するための7つの基本原則。

【基本原則1】温めなおすと苦くなる――過去にとらわれない。
【基本原則2】新鮮な豆を、いつも挽きたてで――失敗を認め、いつも新鮮な気持ちで。
【基本原則3】豆は適度な挽き加減に――できることだけ、きちんとやる。
【基本原則4】上質の豆と新鮮な水を使う――自分の個性を大切にする。
【基本原則5】豆とお湯のバランスを正しく――困難を受け入れ、現実的に考える。
【基本原則6】沸騰したお湯は風味をこわす――身体のバランスを整える。
【基本原則7】温かいうちに飲む――今この瞬間を楽しんで生きる。

Index 目次

第1章 温めなおすと苦くなる

1 人生はあなたが味わうためのもの
2 言い訳しない
Coffee Tips やってはいけない
3 主体的に決める
4 思いこみを捨てる

第2章 新鮮な豆を、いつも挽きたてで

5 古い行動パターンを捨てる
Coffee Tips 泡立てたミルクの楽しみ
6 何度でも挑戦する
Coffee Break コーヒー図鑑 1
7 相談する
Coffee Break コーヒー図鑑 2
8 チャレンジする
9 判断力を高める
Coffee Break コーヒー占い 1
10 自分を大切に扱う
11 失敗を認める

第3章 豆は適度な挽き加減に

12 複数の解決方法を考える
13 オープンマインドになる
Coffee Tips 美味しさの基本
14 人生に求めるものを明確にする
15 リラックスする
16 休息をとる
17 おおらかにギブ&テイクする
18 ポジティブに考える
Coffee Break コーヒー占い 2
19 チームの力を生かす
20 ウィン・ウィンを実現する
21 変えられないなら考えない

第4章 上質の豆と新鮮な水を使う

22 自分を信じる
Coffee Tips 新鮮な水を使う
23 高い自己イメージを持つ
24 成功をイメージする
25 人との違いを楽しむ
Coffee Break コーヒーの個性
26 自分が求めるものを知る
Coffee Tips ロースト
27 自分でゴールを決める
28 直感を信じる
29 直感のひらめきを待つ
Coffee Break カプチーノ
30 成り行きに任せる

第5章 豆とお湯のバランスを正しく

31 困難を受け入れる
32 現実的に考える
Coffee Break コーヒーの専門用語
33 自分自身の親友になる
34 ネガティブ思考に対処する
35 ネガティブな感情を受け入れる
36 困難に向き合う

第6章 沸騰したお湯は風味をこわす

37 バランスの崩れを見つける
38 身体をゆるめる
39 呼吸のテクニックを取り入れる
Coffee Break コーヒー好きの偉人たち
40 過剰になりすぎない
41 時間を管理する
42 心に訴える経験をする
Coffee Break コーヒーの味についての専門用語
43 何もしない時間を持つ

第7章 温かいうちに飲む

44 成功者の感覚を持つ
Coffee Tips コーヒーの新鮮さを保つ
45 思考のパワーを活用する
46 ものの見方を変える
47 今日を生きる
48 今この瞬間を楽しむ

Author description 著者情報

テレサ・チャン

小説家。ジャーナリスト。1969年、アメリカ、コネティカット州生まれ。ニューヨーク大学卒業。1993年、初めての短篇小説をエスクァイア誌に発表。1997年に刊行された処女短篇集である『巡礼者たち』(岩本正恵訳、新潮社)は、パリス・レビュー新人賞、プッシュカート賞を受賞、PEN/ヘミングウェイ賞の候補作となり好評を博す。2000年に発表した小説『Stern Men』はベイリーズ賞の候補に、2002年に発表した『The Last American Man』は全米図書賞と全米批評家協会賞の両方で最終候補作となる。そして2006年、『食べて、祈って、恋をして』(那波かおり訳、武田ランダムハウスジャパン)で『ニューヨーク・タイムズ』紙ベストセラーリストで第1位に輝き、一躍有名に。同年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出されたほか、同作は2010年にジュリア・ロバーツ主演で映画化され、世界的に大きな話題となった。2009年にはTEDに出演、「創造性をはぐくむには」というテーマでプレゼンし、1300万view(2017年9月時点)と大反響を呼ぶ。『食べて、祈って、恋をして』の続編でもある手記『Committed』(2010)は、出版直後に『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラーリスト第1位に。その後、14年ぶりのフィクション作品である『The Signature of All Things』(2014)を発表、ベイリーズ賞の候補となるとともに、ウェルカム・ブック賞の最終選考に残ったほか、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『O'マガジン』『ワシントン・ポスト』『シカゴ・トリビューン』『ニューヨーカー』誌によって2013年のベストブックに選ばれる。2014年、再びTEDに出演し、「成功と失敗と創り続ける力について」というテーマでプレゼン、360万view(2017年9月時点)と話題となる。現在、ニュージャージー州在住。
詳しくはこちら

佐々木雅子

大阪教育大学教育学部卒。訳書に『3秒間リラックス』『彼はいかにしてマネージャーからリーダーへと成長したか?』(小社刊)などがある。
詳しくはこちら