正しい日本語の書き方

正しい日本語の書き方

著 | スクール東京
1500円 (税抜)

ページ数:240ページ
発売日:2018/10/19
ISBN:978-4-7993-2373-1

Product description 商品説明


累計20万部のベストセラーが』増補改訂で待望の復刊!


本書の対象と特色
 ①まず、本書では、主にビジネス・パーソンを対象にした。報告書、会議録、業務日報や社内試験など、ビジネス・パーソンは、常に基礎的な文章力を必要とされる。それなのに、多くの場合、自己流で適当に書いてしまっている。また、ウェブ上で使われている文章にも、乱れが多い。
 この本では、仕事を進めるにあたって求められる、最低限の文章力が得られるように工夫した。そのため、表記法、避けるべき表現や文法の知識など、文章についての項目を細かく分解して説明した。
 ②したがって、中学生、高校生をはじめ、大学生、大学院生や国家試験の受験生などに対しても、入学試験や就職試験、また、レポートや論文の作成などで、本書のルールは十分に役立つものである。
 ③また、私的なハガキや手紙などを書くときにも、大いに参考にできる内容にした。
 つまり、この本は、小説・詩歌以外のすべての文書に共通するルールを網羅したものである。よい文章を書くための一般的なルールについては、第Ⅰ章の記述に譲るが、いちばん大切なポイントを示しておこう。
 それは、「よい文章とは、分かりやすく、簡潔な文章」ということである。文書で細かく説明したことは、すべてこの一点につながるといってもよい。
「分かりやすく、簡潔な文章」の内容は、(ⅰ)主題が明確であること(ⅱ)間違いがなく正しいこと(ⅲ)言いたいことがズバリと端的に表現されていることである。
「そのような文章は、自分には書けない」と思われるかもしれない。しかし、普段、仕事上の文書、また、レポート・論文や手紙などを書くにあたって、本書のルールを参考にしてもらえば、必ず「分かりやすく、簡潔な文章」が書けるようになる。
「文章はセンスだ」と言う人がいる。その意見にも、一理ある。しかし、小説や詩歌の類ではなく、ビジネス文書やレポート・論文・手紙などでは、とにかく毎日書いて量をこなすことが大切だ。たくさん書くうちに、よい文章の法則が自分なりにつかめてくる。「センス」も、その過程で自然に磨かれてくる。

Index 目次

第Ⅰ章 まずはここから!文章上達のための心構え
第Ⅱ章 覚えておきたい!日本語の文章作法
第Ⅲ章 やってはいけない!日本語の書き方
第Ⅳ章 もう迷わない!日本語表記の原則
第Ⅴ章 いまさら聞けない!日本語文法

Author description 著者情報

スクール東京

2009年11月、司法試験・予備試験を専門とする個別指導予備校「スクール東京」を設立。その後、医師国家試験の小論文指導も実施。2010年3月、既存のマスプロ予備校とは一線を画した、きめ細やかな講義を目指し、「個別指導」「少人数制ゼミ」の常設教室を、東京・四ツ谷に開校中。 「武藤流 超速!予備試験合格講座」「司法試験論文合格講座」「スク東メソッド」「新・成川ゼミ」「日本文章術検定講座」や「個別指導」も人気があり、質を重視した“本格派のスクール”と、評価されている。
詳しくはこちら