「発達障害かも?」という人のための「生きづらさ」解消ライフハック

「発達障害かも?」という人のための「生きづらさ」解消ライフハック

著 | 姫野桂
1300円 (税抜)

ページ数:176ページ
発売日:2020/4/17
ISBN:978-4-7993-2600-8

Product description 商品説明

発達障害の人が日々感じているストレスを減らせる「#発達ハック」を多数紹介!

「なんでこんな簡単なことができないんだろう」と自分を責めていませんか?
できないこと、苦手なことは、無理をせずに、「ちいさな工夫」(#発達ハック)で乗り越えましょう!

本書では、発達障害の方を対象に、「みなさんの #発達ハック を教えてください!」というWEBアンケートを実施、126名もの方々から回答を得ました。


パワポ資料の作成をつい先延ばしに まず「ファイル名をつけて保存」だけでOK!
人に相談されやすく、その内容に引っ張られやすい返事はすぐにせず、翌日にしよう!

これらの回答を、「仕事」「日常生活」「人間関係」「体調管理」の4ジャンルに分類し、発達障害の当事者でもある著者のワンポイント解説をつけて書籍化しました。
ご自分に合いそうな「#発達ハック」が見つかったら、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。きっと、毎日が好転することでしょう。

巻末には、竹熊健太郎さんと鈴木大介さんによる豪華対談を収録!

Index 目次

第1章 「苦手」を見つけて受け入れよう

第2章 「仕事」をやりやすくするハック
01 タスク管理が苦手。
納期に間に合わなかったり、書類の提出がギリギリになったりしてしまう。
02 遅刻が多く、スケジュール管理が苦手。
03 マルチタスクをこなせない。突然、「これやって!」と言われると混乱してしまう。

第3章 「日常生活」の「困った!」を減らすハック
01 片づけられず、いつも家の中が散らかっている。
02 TPOに合う服がわからない。
特に、会社に着ていく「オフィスカジュアル」って何?
03 「ほしい!」と思ったら、後先考えず購入してしまう。

第4章 「人間関係」をラクにするハック
01 親との関係が悪く、人格や能力をすべて否定されることもあってつらい。
02 雑談が苦手。ちょっとした会話も続かず、
気まずい空気が流れてしまうことも。
03 嫌われたくないという気持ちが人一倍強い。

第5章 「自分の体調」とうまくつき合うハック
01 体力がなくて疲れやすい。
02 急に体力が切れて動けなくなってしまう。
03 気分の波があり、朝からマイナス思考の日は涙が止まらない。

【巻末スペシャル対談】
年齢を重ねて振り返る「生きづらさ」とハック
竹熊健太郎x鈴木大介

Author description 著者情報

姫野桂

フリーライター。1987年生まれ。宮崎市出身。
日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをし、編集業務を学ぶ。卒業後は一般企業に就職。25歳のときにライターに転身。
現在は週刊誌やウェブなどで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好きすぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。
著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イーストプレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。
趣味はサウナと読書、飲酒。
詳しくはこちら