直感経営

直感経営

著 | 石井重治
1400円 (税抜)

ページ数:216ページ
発売日:2020/7/17
ISBN:978-4-910286-01-3

Product description 商品説明

NASA、ボーイング、マサチューセッツ工科大学など、世界的な企業大学から認められる「ミキサー」を生み出した異端の経営者が大切にしている「直感」とは!?

私の会社が「ミキサー」をつくり始めたのは、とある歯医者さんの悩みを聞いたことがきっかけでした。
「その悩み、私たちが解決します」

と大風呂敷を広げ、実に13年の歳月をかけて私たちは独自の「ミキサー」を開発したのです。

このミキサーが、私たちの想像を大きく超える出来事を引き寄せてくれました。なんと、世界最大の航空宇宙機器開発製造会社であり、アメリカの大型旅客機メーカーであるボーイングや、日本の国立研究開発法人で最大規模であるJAXAといった世界的企業研究機関から、国内の大手メーカー、中小製造業まで、さまざまな企業から注文が入りはじめたのです。

そして、凄いスピード感で業界1シェアを誇る企業になりました。

私は14歳のとき、とある本に影響を受け「事業家とはなんと男らしい仕事なのだ」と感銘を受け、事業家になる夢を持ちました。

19歳で社会人になり、必死で開業資金を貯め、30歳のときに会社を立ち上げました。

そこから、なんと5回も会社の主事業、業態を変え、毎回「ゼロからのスタート」を経験しました。この「ミキサー」にしても、知識も経験もまったくない状態からのスタートでしたが、今では業界の「常識」として多くの産業に受け入れられています。

私は勉強が大の苦手で、これまで「論理的な経営」をしたことはありません。これまでの人生、経営はすべて「直感」に従ってきました。困難に直面したときは、自分の脳に問いかけ、脳からの回答に従ってきました。

今まで経営者の知り合いや、担当の銀行員、ときには従業員にすら
「それはやめた方がいい」
「絶対に失敗しますよ」
「ありえないです」
と言われ続きてきましたが、私の会社は50年の間成長を続け、今ではニッチな業界ですがNo.1企業にもなれました。本書では、私が実践してきた「直感経営」の一端を紹介したいと思っています。

この本が、読者の皆さますべてのビジネスを、人生を、より良い方向に導く一助となれば、著者としてこれ以上の喜びはありません。

Author description 著者情報

石井重治

1940年、佐賀県出身。幼少期の遊びを通じて「脳への相談」「直感思考」に気づき、中学2年生で「事業家になる」ことを決心。県立佐賀高等学校を卒業後、上京。22歳の頃、開業資金を集めるために入社した生命保険会社では、独自の交渉、提案力を発揮し、わずか5年で10億7500万円を売り上げる。その後、1970年、29歳で株式会社シンキを創業。自動パチンコ玉計測器、デジタルメーター、自転公転ミキサーなど5度の事業転換をすべて成功させる。2020年、創業50年を迎え、社名の由来である「Think」の理念のもと、直感経営という独自の経営方針を展開する。
詳しくはこちら