最強マフィアの仕事術

最強マフィアの仕事術

著 | マイケル・フランゼーゼ
1500円 (税抜)

ページ数:200ページ
発売日:2011/5/20
ISBN:978-4-7993-1011-3

Product description 商品説明

《どんな時代でもタフに稼ぐマフィアの働き方とは……》
なぜ、マフィアはビジネスで成功できるのか?
なぜ、マフィアの多くは高校すら出ていないのに、
MBAを持ったビジネスエリートたちと互角以上に渡り合うことができるのか?

マフィアが行う非合法ビジネスはアメリカのGDPの1%以上を生み出している。
さらに表のビジネスでも、マフィアは巨大なネットワークを張りめぐらしており、
マフィアがビジネスの世界で生み出しているものは計り知れない。

著者マイケル・フランゼーゼによると、マフィアのビジネスの成功の秘訣は
決して暴力や脅しといったものではないという。
ミスをすれば自分の命がない──、
そうした厳しい環境の中で磨かれる「実戦の感覚」にこそ重要なのだと。

本書でフランゼーゼは、マフィアとしての華々しい活躍を通して学んだ、
「どんな時代でも、稼ぐべきときに稼ぐ」そのための考え方を教えている。
これは、ビジネスに関わる人なら誰でも納得でき、実際に役立つノウハウだ。
フランゼーゼは非合法な方法は紹介していないし、薦めてもいない。

ここまででも充分に役立つが、本書の読みどころは、この先にある。

フランゼーゼは大金を稼ぐことで、ニューヨーク5代ファミリーのひとつ、
コロンボファミリーの幹部に上り詰め、数々のメディアで注目を浴びた。
アメリカを代表する雑誌『ライフ』誌では「マフィア界の若き天才」と、
『ヴァニティ・フェア』誌では「アル・カポネの再来! 今最も大金を稼ぐマフィア」と、紹介された。
それにも関わらず、彼は〝本当の成功〟を手に入れるために
マフィアから足を洗って、自ら刑に服した。

裏社会で昇りつめた著者が、最後にたどりついた「本当の成功」とは?
「ビジネスの極意」を学ぶことができるという「ソロモンの教え」とは?

マフィアは、どんな時代にあっても、タフに働くことで生き残り、
今もアメリカ社会の隅々まで、大きな影響を与えている。
国や時代が違っても、彼らから学べることは少なくない。

仕事は理屈じゃない、現場で磨いた知恵こそが重要で
本当に役立つのだと教えてくれる1冊。

Author description 著者情報

マイケル・フランゼーゼ

〝暗黒街の顔役、アル・カポネの再来〟と呼ばれたイタリア系アメリカンマフィア。ニューヨーク5大ファミリーの1つ、コロンボファミリーに所属、複数のビジネスを通じて 70~80年代の絶頂期には週に数百万ドルを稼ぎ、巨万の富を得た。雑誌『フォーチュン』の特集「マフィア幹部トップ50」で上位ランクイン、〝最年少マフィア幹部〟として紹介され、さらに注目を集める。当時、後のニューヨーク市長・ルドルフ・ジュリアーニ連邦検事と抗争を繰り広げるが起訴を免れている。しかし、80年代半ばに複数の恐喝の罪を問われたのを最後に自らの罪を認め、懲役10年の判決を受け、ファミリーと縁を切った。
現在は、マフィア時代の体験を人々の役に立てることを使命とし、青少年、教師、スポーツ選手、企業経営者などを対象に講演活動を行っている。
詳しくはこちら