古代ユダヤ賢人の言葉

古代ユダヤ賢人の言葉

著 | 石井希尚
1700円 (税抜)

ページ数:288ページ
発売日:2012/4/13
ISBN:978-4-7993-1155-4

Product description 商品説明

あなたが正しいと信じる道を生きよ。

あなたはどんな生き方をするだろうか。
思慮深く自分の行いを見つめ、成功を目指すか。
それとも、ただ欲望のおもむくままに生きるか。
混迷する時代を生き抜くための知恵は、すべて「聖書」の中にある。


(「はじめに」より)
本書は聖書のなかでも旧約聖書を中心に、主にダビデ、ソロモン、そしてパウロの言葉で構成されている。彼らは古代ユダヤ人のなかでもその知恵によるエピソードや名言で広く知られている。

ユダヤ人といえば、芸術、科学、あるいは金融など、さまざまな分野で傑出していることはよく知られている。幾度となく、為政者たちによって絶滅の危機に追いやられながらも、滅ぶこともなく、厳然と世界にその影響力を保持する民族は、ユダヤ民族をおいてほかにはないだろう。そんな彼らの原動力、国を失っても失せることがなかった民族意識と団結心、そして現代社会に与える影響力、これらの源泉は、彼らが共有してきた独特の信仰と思想にある。その信仰とは、ヤーウェと呼ばれる「天地万物の創造主」なる唯一の神を信じる信仰であり、思想とは、他でもない聖書のことである。

聖書というと、多くの日本人は、キリスト教の教典だと思っているかもしれない。しかし実際にはそうではない。とりわけ旧約聖書は、キリスト教徒のみならず、ユダヤ教徒、そしてイスラム教徒までもが認める聖典だ。だから、キリスト教の教典なのではなく、キリスト教も聖書を使っていると言ったほうが正しい。

そもそもユダヤ民族にとって聖書とは「契約書」であると言っていいだろう。彼ら古代ユダヤ人は、モーセという指導者に導かれ神と契約を交わす。この契約とは、「生き方」の契約であり、ペナルティー条項付きの契約だ。ひらたく言えば、ユダヤ人が規範としている生き方のマニュアルに従って生きると、人生は祝福されるということを、世界中の人々が知るようになるために、神がまずユダヤ人を選び、彼らと契約を交わし、彼らに厳しくその契約条項に則って生きていくようにさせた、ということになる。ユダヤ人の優秀ぶりと成功ぶりを見れば、この目的を十分に果たされていると言えるのではないかと思える。ユダヤ人が「選民」と呼ばれるのはこのためだ。

実りある人生を歩むために学びたい、2000年以上前から変わらない、奇跡の民族ユダヤの人生を強く賢く生き抜くための教え。

Author description 著者情報

石井希尚

東京都出身。通称マレ。牧師、カウンセラー、作家、ミュージシャン、(株)コミティッド代表、プリマリタル・カウンセリング協会理事長。10代の頃、既存の教育体制に疑問を抱き、日本初のフリースクール「寺子屋学園」を設立し注目を集める。91年、ポリドール系のレーベルよりデビュー。93年渡米し、一般カウンセリング、プリマリタル・カウンセリング、聖書学などを学び、てインターンを経て牧師に。現在、自身の経営するライヴカフェ「KICK BACK CAFE」にて、結婚・恋愛問題を中心にカウンセリングを行う。その厳しくもあたたかいアドバイスは多くの信頼を得て、相談に訪れる人はあとを絶たない。2000年に出版した処女作『この人と結婚していいの?』(新潮社)が20万部を超えるロングセラーに。ミュージシャンとしては、「日本精神を世界に発信する」というコンセプトで結成されたエンターテイメント一座「Heavenese」を率い日本国内のみならず海外でも活動を展開。妻・久美子と共に夫婦二人三脚で多方面にわたり精力的に活躍中。
著書に『明けない夜はない』(ディスカヴァー)、『結婚に遅いということはない』(さくら舎)、『あなたを苦しめる過去から自由になる本』(すばる舎)など、他著書多数。
詳しくはこちら