誤解されない話し方、炎上しない答え方

誤解されない話し方、炎上しない答え方

著 | 山口明雄
1400円 (税抜)

ページ数:256ページ
発売日:2013/2/13
ISBN:978-4-7993-1285-8

Product description 商品説明

なぜ、あなたの話は言いたいことが誤解されて伝わってしまうのか? 誤解が生まれる最大の原因は「話し方の構造」にあった!

「メディアトレーニング」という言葉をご存じですか? ひとことで言うと、「マスコミ対応のための話し方訓練」です。日本では、危機管理広報記者会見(ひらたく言えば、謝罪会見)の演習として、多くの企業がこのトレーニングを行っています。筆者は、これまで17年間に3500名あまりの企業・団体の経営者や管理職、広報担当者、政府高官、政財界のトップの方々に、メディアトレーニング、プレゼンテーショントレーニング、ビジネス会話トレーニングなどを行ってきました。

メディアトレーニングでいちばん大事とされているキモは、「誤解されない話し方」を身につける訓練です。誤解されないためには、普段とは違う話し方をしなければいけないのでしょうか? 残念ながら、その通りです。誤解を招かないためには、ものごとが起こった順番ではなく、重要なことから話すのが、最善の話し方なのです。普段の時系列序順の話し方を重要度序順=「逆ピラミッド」の話し方に変えると、誤解は激減します。メディアトレーニングのキモは、逆ピラミッドの話し方訓練なのです。

またメディアトレーニングでは、記者の厳しい質問に答えながら自分の主張をしっかりと展開する、答え方のノウハウについてレクチャーします。記者会見や取材などで、記者の質問に対する不用意な返答や、引っかけられて口にした言葉が、問題発言や失言として報道される場合が少なくありません。本書の「炎上しない答え方」のテクニックとノウハウは、ソーシャルメディアでの炎上防止においても大いに活用できるでしょう。

Author description 著者情報

山口明雄

メディアトレーニング講師。
1945年石川県生まれ。東京外国語大学を卒業後、NHKに入局。帯広・札幌放送局で番組制作にあたる。1985年に広報代理店・株式会社アクセスイーストを設立。以来、代表取締役を務める。1995年から3年間、世界大手の広報会社ヒル・アンド・ノウルトンの日本支社長を兼務。米国人メディアトレーニング講師に師事。これまで18年間で3,500名余の企業・官庁・団体の経営者と管理職、広報担当者、政府高官、政財界のトップにメディアトレーニング、プレゼンテーショントレーニング、ビジネス会話トレーニングなどをおこなう。著書に『マスコミ対応はもう怖くない! メディアトレーニングのすべて』(パレード)など。
詳しくはこちら