ピカソ思考

ピカソ思考

著 | 小川仁志
1500円 (税抜)

発売日:2014/7/17
ISBN:978-4-7993-1524-8

Product description 商品説明

哲学×ピカソ=ピカソ思考!?
天才画家パブロ・ピカソに学ぶ、クリエイティブに生きる方法を
『7日間で突然頭が良くなる本』などで知られる哲学者・小川仁志が
わかりやすく伝授!

『ゲルニカ』『アヴィニョンの娘たち』など、それまでの伝統的な西洋絵画に
革命をもたらした画期的な表現によって広く知られている天才画家、パブロ・ピカソ。
彼はつねに自己革新をつづけ、新しい表現を生み出し続ける美術界のイノベーターでした。
そんな彼の創作活動に、ソクラテスやニーチェらと同じ「哲学者」の姿を見出した哲学者・小川仁志はピカソの思想を哲学的な観点から分析。
現代社会に生きる私たちにも応用できる、クリエイティブに生きるためのアイデアを提案したのが本書です。

日々のルーティンから抜け出し、クリエイティブに生きるために。
「ピカソ思考」で、あなたの中のピカソを見つけてください。

Index 目次

はじめに クリエイティブな日常をあなたに
第1章 真似る―すべてを呑み込む雑食系
第2章 基本を大切にする―基本があるから崩せる
第3章 走り続ける―人生は常に未完
第4章 量をこなす―量は質を超える!
第5章 常識を破る―キュビスムに学ぶ革命の起こし方
第6章 捨てる―破壊と創造
第7章 活かす―なんでも使い、なんでも足してみる
第8章 怒る―ゲルニカ的生き方
第9章 戯れる―「洗濯船」のすすめ
第10章 愛する―ミノタウロスと鳩と恋愛
おわりに 今日から生まれ変わるために

Author description 著者情報

小川仁志

哲学者・徳山工業高等専門学校准教授。1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商社マン、フリーター、公務員を経た異色の哲学者として、商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』(PHP研究所)、『人生が変わるたった1%の頭の使い方』(海竜社)等多数。
詳しくはこちら