大活字版 一生ボケない脳をつくる77の習慣

大活字版 一生ボケない脳をつくる77の習慣

著 | 和田秀樹
1500円 (税抜)

ページ数:224ページ
発売日:2016/10/14
ISBN:978-4-7993-1987-1

Product description 商品説明

ベストセラーが大きな文字で読みやすい「大活字版」で登場!

老年精神医学の専門家による
ボケを防ぐ処方箋!
脳のアンチエイジング

脳の中で最も早く老化し始めるのが前頭葉。
感情や意欲、また記憶を引き出す機能を司る部位です。
前頭葉が衰えると、考え方が平板になりアイデアも出なくなり、
モノを思い出すのも大変になる。いわゆる「ボケ」が始まります。
そして前頭葉を鍛えるには、計算やパズルをするより、
日常的に感情や思考を刺激することが大切です。
本書ではそのために役立つ習慣を紹介していきます。


<大活字版の特徴>
1)目にやさしい大活字 通常の1.5倍!
2)読みやすさを追求した書体
3)めくりやすく文字がはっきり読める本文用紙


あなたはどのくらいできていますか? 
 *若い人とつきあう
 *バラエティ番組は観ない
 *面倒がらずにおしゃれをする
 *つきあいにお金を惜しまない
 *ときにはギャンブルもやってみる
 *議論をふっかける    
    ……等77の習慣を紹介

Index 目次

はじめに
「感情老化度」テスト
序章 老化は「脳」から、若返りも「脳」から
第1章 脳の「出力系」を鍛える
第2章 脳の「変化対応力」を鍛える
第3章 感情の老化・思考の 老化を防く゛トレーニンク゛
第4章 日常の行動・習慣から若返る

Author description 著者情報

和田秀樹

1960年大阪市生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。
1987年『受験は要領』がベストセラーになって以来、大学受験の世界のオーソリティとしても知られる。
著書に『感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版』『医学部の大罪』(以上、ディスカヴァー)、『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(大和書房)、『感情的にならない本』(新講社ワイド新書)、『受験は要領』(PHP文庫)など多数。
詳しくはこちら