時間がない人が学び続けるための知的インプット術

時間がない人が学び続けるための知的インプット術

著 | 三輪裕範
1000円 (税抜)

ページ数:288ページ
発売日:2019/10/24
ISBN:978-4-7993-2563-6

Product description 商品説明

変化の激しい現代社会の中で、ヒ゛シ゛ネスマンか゛やりか゛いのある充実した人生を送るためには、今よりも能力を向上させて、自分自身の市場価値を高めていく以外に方法はありませ ん。
何事も猛スヒ゜ート゛て゛陳腐化していく時代にあっては、一瞬て゛も立ち止まって いては、取り残されていくた゛けて゛す。
今後は、企業もますます少数精鋭主義に徹していかさ゛るを得ないことを考えると、社員一人 ひとりか゛、と゛れた゛け能力を向上させることか゛て゛きるかか゛、企業の盛衰を決定つ゛けることになるて゛しょう。
これまて゛は、いくら頑張っても年功序列の壁を打ち破ることは難しかったのて゛すか゛、今や、個人の能力や実力次第て゛、その壁を打ち破ることか゛可能になってきたからて゛す。そこて゛、これ まて゛以上に重要になってきたのか゛、自分の能力や価値を高めるための勉強て゛す。
本書て゛は、このように、厳しいと同時に大きなチャンスの時代に生きるヒ゛シ゛ネスマンの方々に対して、と゛のように勉強すれは゛自分自身の能力と価値を高めることか゛て゛きるか、その方法に ついて書きました。
具体的には、
① 時間の作り方
② 読むへ゛き本の選ひ゛方
③新聞・雑誌の読み方
というヒ゛シ゛ネスマンにとって、最も重要て゛関心か゛高いと思われる三つのことに焦点を絞って詳述しています。
これまて゛にも、ヒ゛シ゛ネスマンのための勉強法に関する本は数多く出版されてきました。しかし、そうした本のと゛れを読んて゛も、時間に追われる毎日をすこ゛すヒ゛シ゛ネスマンには、何か違和 感を覚えたり、あまり現実的て゛はないと感し゛たりすることか゛多々ありました。
おそらく、そのように感し゛た理由の一つは、そうした本の著者の多くか゛、学者や評論家なと゛といった、基本的には勉強することを職業とし、勉強のための時間を作り出すことについては、 あまり気にする必要のない方々て゛あったからて゛はないかと思います。
そこて゛本書の執筆にあたっては、皆さんと同し゛ヒ゛シ゛ネスマンとしての立場から、と゛のようにすれは゛勉強のための時間を作り出すことか゛て゛きるのか、また、そうした時間を利用して、と゛のような方法て゛本や新聞・雑誌を読んて゛いけは゛いいのか、といったことについて、て゛きるた゛け具体的な事例や方法を挙け゛て説明するように心か゛けました。
毎日、会社て゛の仕事に追われ、経済的にも、時間的にも、余裕のない毎日を送っている同し゛ヒ゛シ゛ネスマンの一人として、皆さんと同し゛土俵て゛悩み考えることか゛て゛きたのて゛はないかと思います。
今後、皆さんか゛勉強をされていく上て゛、本書か゛少して゛もお役に立つことか゛て゛きるならは゛、筆者としてこれにすき゛る喜ひ゛はありません。

Index 目次

第1章 時間はこうして作り出す
人生最大の難題は「時間をと゛う作るか
年間600時間を作り出そう
「一万時間」の法則
最も大切なのは「とにかく毎日続ける」こと
早起きのすすめ
朝の1時間は夜の3時間に匹敵する
昼休みも有効活用する
いったん決めたら勇気をもって貫く
昼休みから年間100時間か゛作り出せる
「スキマ時間」を無駄にしない
語学学習にはスキマ時間か゛ひ゜ったり
スキマ時間に一区切りを読み切れる本を選ふ゛
総合雑誌・経済誌は読むヘ゜ーシ゛た゛け切り取って持ち歩く
「スキマ時間」を過大評価してはいけない
通勤時間の利用法 時間の適材適所を考える
違ったシ゛ャンルの勉強を組み合わせる
時間量を増やすだけでなく密度を上げる
不遇時代こそ勉強のチャンス
酒・新聞・テレヒ゛・スマホとのつき合い方
お酒の誘いをと゛う断るか
能力を磨くために時間を作り出す

第2章 よい本はこうして選ふ゛
やっは゜り読書か゛勉強の王道
ヒ゛シ゛ネスマンにとって読書の目的は?
本は借りるのて゛はなく買う
本を買うへ゛き理由 1 自分て゛買ってこそ選書眼か゛養われる
本を買うへ゛き理由 2 読書環境を作れる
本を買うへ゛き理由 3 手元にないと、その本との縁か゛切れてしまう
なし゛みの書店を持つメリット
海外にも行きつけの書店をもつ
古本屋を活用する
本選ひ゛のホ゜イント 1 「目次」「前書き」「解説文」を見る
本選ひ゛のホ゜イント 2 文章か゛論理的て゛明晰て゛あるかと゛うかを見る
本選ひ゛のホ゜イント 3 形容詞の使い方を見る
本選ひ゛のホ゜イント 4 著者の略歴を見る
新聞の書評欄を活用する
新聞書評の問題点 1 独善的て゛ある
新聞書評の問題点 2 短すき゛る
新聞書評の問題点 3 「仲間褒め」か゛多い
新聞書評の問題点 4 自社発売の本を褒める
オンライン・フ゛ックストアの書評を参考にする
書籍広告を注意深く見る
本の中て゛紹介されている本を調へ゛る
フ゛ックカ゛イト゛を活用する
入門書の選ひ゛方は難しい
お手軽本を積極的に活用する
学習参考書と教科書は役に立つ
子供向けの本はこう使う
マンカ゛て゛名著を理解する

第3章 新聞・雑誌はこうして読む
新聞を読み過き゛てはいけない
週末に「まとめ読み」する
新聞からの効果的な情報収集法 1 事実と憶測を区別する
新聞からの効果的な情報収集法 2 特集記事と定期コラムを中心に読む
新聞からの効果的な情報収集法 3 「論理の連鎖」を考える
新聞からの効果的な情報収集法 4 用語の違いに注意する
新聞からの効果的な情報収集法 5 「ヘ゛タ記事」に注目する
新聞からの効果的な情報収集法 6 海外駐在記者の英語力を信し゛ない
週刊経済誌の読み方
総合月刊誌の読み方
情報月刊誌の読み方

Author description 著者情報

三輪裕範

1957年兵庫県生まれ。1981年に神戸大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。1991年にハーバード・ビジネス・スクールにて経営学修士号(MBA)を取得、その後、ニューヨーク店経営企画課長、大蔵省財政金融研究所主任研究官、経団連21世紀政策研究所主任研究員、伊藤忠商事会長秘書、調査情報部長、伊藤忠経済研究所長等を歴任。2015年からは伊藤忠インターナショナルSVP兼ワシントン事務所長、2017年にはジョンズ・ホプキンス大学院戦略高等国際問題研究所(SAIS)の上級客員研究員を務め、現在は伊藤忠商事関西開発調査室シニア・アドバイザー。
著書は『日本人が必ず間違える英単語100』『超訳 努力論』『ハマトンの知的生活のすすめ』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ビジネスマンの英語勉強法』『アメリカのパワーエリート』(以上、ちくま新書)、『ニューヨーク・タイムズ物語』(中公新書)、『通のアメリカ英語』『ハーバード・ビジネス・スクール』(丸善ライブラリー)など多数。
詳しくはこちら