アンチソーシャルメディア

アンチソーシャルメディア

著 | シヴァヴァイディアナサン
訳 | 松本裕
2300円 (税抜)

発売日:2020/9/25
ISBN:978-4-7993-2609-1

Product description 商品説明

メディア研究の第一人者による世界的提言、ついに翻訳!
はたして、Facebookは「害」となったのか?
ソーシャルメディアの構造的な問題を明らかにし、その関わりかたを問いかける

「何気なく使っているFacebookだけどそれで、本当に大丈夫」?
ソーシャルメディアを長年研究し、自身もユーザーである著者による啓発書。
「コンピューターテクノロジーが人間の問題すべてを解決する」かのように考えるFacebookの使命感(善意)と自信過剰こそが、
逆効果をもたらしまっていることを、文化的歴史的哲学的に振り返りつつ、明らかにする。

わたしたちは今後、どのように関わっていけばよいのか?
便利さとスピードを追い求める現代人よ、今こそ立ち止まって考えよう。

本書のポイント
フェイスブックには、以下のような、さまざまな危険性が引き起こす構造的な問題がある。
これらを、実際に起こった事例を取り上げながら、文化的歴史的哲学的に分析している。

1記事の信頼性 記事の出典を特定評価する機能がないので、虚偽や誤解を招く情報が拡散されやすい
2エンゲージメント エンゲージメント率の測定により、感情に強く訴えかけるコンテンツが蔓延しやすい
3フィルターバブル ユーザーの興味関心に基づくものばかり表示されるため、ユーザーの視野が狭まる。

Author description 著者情報

シヴァヴァイディアナサン

バージニア大学 メディア研究教授、メディアと市民権センター長
アメリカ デジタル公共図書館 理事
ニューヨーク人文科学研究所 フェロー

元プロのジャーナリストであった経験を活かし『グーグル化の見えざる代償 ウェブ書籍知識記憶の変容』をはじめとする、テクノロジー法律社会に関する本を5冊出版している。
The Guardian and Slateの常任コラムニストの他、多くのメディアにも寄稿している。
詳しくはこちら

松本裕

翻訳家
オレゴン州立大学卒。主な訳書に、『エクソダス』『測りすぎ』(みすず書房)、『大英帝国は大食らい』(河出書房新社)などがある。
詳しくはこちら