脳のため光を浴びよ肉を食べよう

脳のため光を浴びよ肉を食べよう

著 | 和田秀樹
990円 (税込) ※1

発売日:2021/3/8
ISBN:978-4-7993-8326-1

Product description 商品説明

いつまでも若々しい体、明るい気持ちでいるための、【肉と光】からみた【生活習慣の提案】!

歳を重ねると、明るい気持ちの維持に大切な神経伝達物質のセロトニンや、男性の活力に必要な男性ホルモンが減ります。

しかし、気持ちの明るさや活力に必要なセロトニンや男性ホルモンは、増やすことができます。

それが【肉を食べ、光を浴びる】こと。
肉は、気持ちを明るくするセロトニンを増やします。
光を浴びることでも、セロトニンは増えます。

●肉と光で、なぜ気分が高揚するのだろうか
●光の中で動物を狩ってきたのが人間
●エネルギッシュな人の食生活が教えてくれるもの
●脳は肉を求めている
●光が人間の体内リズムを作ってくれる
●見た目の年齢がどんどん開くのはタンパク質のせい
●肉のタンパク質が免疫機能を高め、脂肪が免疫細胞を作る (他)

いつまでも若々しく、明るい気持ちの毎日を過ごしましょう!

(※本書は2019/4/26に発売し、2021/3/8に電子化をいたしました)

Author description 著者情報

和田秀樹

1960年大阪市生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。
1987年『受験は要領』がベストセラーになって以来、大学受験の世界のオーソリティとしても知られる。
著書に『感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版』『医学部の大罪』(以上、ディスカヴァー)、『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(大和書房)、『感情的にならない本』(新講社ワイド新書)、『受験は要領』(PHP文庫)など多数。
詳しくはこちら

※1 店舗ごとの消費税の端数の計算方法の違いによっては、お会計額に誤差が生じる場合があります。