はじめての事業計画のつくり方

はじめての事業計画のつくり方

著 | 吉本貴志
著 | 伊藤公健
1300円 (税抜)

ページ数:196ページ
発売日:2014/8/26
ISBN:978-4-7993-1540-8

Product description 商品説明

21世紀を生き抜くビジネススキルを提供する「21世紀スキルシリーズ」創刊第4弾!
外資系コンサルティング出身の現役ビジネスパーソンによる、世界標準スキルをお届けします。

「事業計画」とは、事業のアイデアを実現させるための計画です
事業計画をつくることによって、
・事業を運営するために必要なアクションが明確になり、
・関係者に計画を伝え、納得してもらい、必要なサポートを得ることができ、
・事業運営開始後に軌道修正をすることができます。

どんなに素晴らしいアイデアを思いついても、自分ひとりで実現することはできません。まわりの人に効果的に伝え、共感してもらい、協力を得ることができて初めて、あなたのアイデアが実現するのです。事業計画は、そのためのツールです。

本書では、このスキルを授業形式で演習を交えながら紹介していきます。
STEP1 事業の意義を明確にする
STEP 2 ビジネスモデルを考える
STEP 3 期待成果を検証する
STEP 4 具体的なアクションを明確にする 


本書は、パラパラと読んでなんとなく賢くなった気がして終わり、という本ではありません。明日から実践するためのテキストです。ぜひ、あなたも生徒の1人になり、自分で考え、手を動かして授業に参加してください。

■『21世紀スキルシリーズ』3つの特徴
1. これからの時代に必要になる「世界標準スキル」をラインアップ
2. 講師には、世界的コンサルタント会社出身の若手コンサルタントを起用
3. 授業形式で演習もたっぷり。実際に自分で手を動かすことで本当に身につく

グローバル化とIT化が急速に進み、前例も成功法もない激動の時代。それが、いま私たちが生きる21世紀です。そんな時代に求められるのは、もはや「言われたことをきちんと実行する力」「誰かに敷かれたレールの上をひた走る力」ではありません。「自ら考える力」、「共創する力」、「自己進化する力」です。本 シリーズでは、どんな環境でも、どんな国でも、生き抜いていけるビジネススキルを提供します。

Index 目次

1時間目 事業計画とは
 事業計画って何?
  事業に必要な3つのこと
  事業計画の例
 事業計画は何のためにつくるのか? 3つの目的
 事業計画をつくる4つのステップ
  STEP1 事業の意義を明確にする
  STEP2 ビジネスモデルを考える
  STEP3 期待成果を検証する
  STEP4 具体的なアクションを明確にする
  4つのステップを行ったり来たりしながら徐々につくっていく
  まずは、ざっくりと最後までつくってみることが大事

2時間目 STEP① 事業の意義を明確にする
 ①ミッションを明確にする
  ミッションが重要な2つの理由
  ミッションの策定方法
  事例1 スターバックスのミッションコーン
  事例2 BMWのミッションコーン
 ②事業の魅力度を考える
  3Cを使って市場を分析する
 ②事業の魅力度を考える
 市場を見る
  定性的に見る① 「思いつきレベル」から「課題レベル」へ
  定性的に見る② ほんとうにニーズがあるのか検証する
  定量的に見る ニーズを定量化する
  演習1 高齢者向け宅配弁当の市場を試算する
 ②事業の魅力度を考える
 自社と競合を見る
 いちばんのキモ、KFSを設定する
  事例3 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のKFS
  事例4 ガソリンスタンドのKFS
  事例5 ファストファッションのKFS
  自社と競合を見るときの注意点
  KFSの観点から自社と競合を比較する
  事例6 ファストファッションをKFSで比較する
  参考 競合について調べるときのヒント

3時間目 STEP② ビジネスモデルを考える
 ③ビジネスモデルを考える
 ①バリューチェーンを理解する
 ②自社が戦う場所を明確にする
 ③外部パートナーとの連携の仕組みを考える
 ④対価を得る仕組みを考える
  事例7 一般的な物販の課金パターン
  事例8 定額課金パターン
  事例9 コピー機モデルの課金パターン
  事例10 紹介業の課金パターン
  事例11 広告ビジネスの課金パターン
  事例12 データ販売の課金パターン
  事例13 銀行の課金パターン
  LINEは何で儲けている?
 ビジネスモデルを考える2つのコツ
  1 事業の生み出す付加価値をとことん考える
  2 他社との違いをとことん考える
 実際にビジネスモデルを考える
  演習2 インターネットスーパー事業のビジネスモデルを考える

4時間目 STEP3 期待成果を検証する
 ④経済的リターンを試算する
 1 見るべき数字
  事業にまつわる財務数字の全体像
  PL(損益決算書)から事業の実力を見る
 2 数字のつくり方
  ・時系列で考える
  ・一時的な数字と、継続的な数字を分けて考える
 ⑤KPIを明確にする
 KPIのつくり方A
 目標を要素分解する
 KPIのつくり方B
 特に重要な要素(KPI)を見極める
  演習3 KPIを考える
  期待成果を検証する2つのコツ

5時間目 STEP4 具体的なアクションを明確にする
 ⑥チーム・組織体制を考える
  役割分担に便利なフレームワーク「RACI」
  組織図に落とし込むときのポイント
 ⑦アクションプランとスケジュールを作成する
  スケジュールを立てる3つのコツ

 付録 事業計画資料のフォーマット

おわりに 「コンサル流事業計画のつくり方」卒業証書授与
 まわりの共感とサポートを得、実行される事業計画書とは
  1 まわりの共感とサポートを得られるような事業計画書にする
  2 ざっくりと全体をやってみて、徐々に精緻化していく
  3 すべての要素を網羅する

Author description 著者情報

吉本貴志

マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社後、マネージャーとして国内外の業界トップ企業のコンサルティングを行った後、2012年フィールドマネージメン トに参画。リテール、エアライン、インターネット業界などB2Cを中心としたマーケティング・事業戦略立案/実行プロジェクトに従事。
詳しくはこちら

伊藤公健

マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社後、東京・フランクフルトオフィスにて経営コンサルティング業務に従事した後、ベインキャピタルにて企業投資、経 営支援活動を行う。2013年フィールドマネージメントに参画。ファイナンス・M&Aや事業ポートフォリオ戦略を中心としたコンサルティング活動 に従事。
詳しくはこちら