出口汪の思わず書き写したくなる美しい日本語練習帳

出口汪の思わず書き写したくなる美しい日本語練習帳

著 | 出口汪
1300円 (税抜)

ページ数:144ページ
発売日:2014/10/16
ISBN:978-4-7993-1578-1

Product description 商品説明

文章のプロは必ずやっている「写文」を気軽にはじめられます

 美しい日本語を書ける・話せるようになるには、本物に出会ってそれに触れてみることが何よりも大切です。

 ひと昔前は、多くの若者たちが文章修行と称して、たとえば志賀直哉などの文章を書き写して、自分なりの文体を磨いたものでした。そうやって名文に触れるだけでなく、美しい日本語を自分の血肉にしようと切磋琢磨したものです。
 このように、「写文」は文章を上達させるための有効な方法として広く認知されていたのです。

 名文を書き写すことには、次のような効果があります。

・文章力が身につく
・美しい表現の仕方が学べる
・漢字力や語彙力が鍛えられる
・文学の面白さが発見できる

 そして、美しい日本語を自分のものにできる。

 本書では、「現代文のカリスマ」として有名な出口汪先生が、珠玉の14編を厳選。解説つきでお楽しみいただけます。
 清少納言、夏目漱石といった古典的な名文から、筒井康隆のショートショートまで、時代やジャンル、文体にとらわれない、バラエティ豊かな「名文」が1冊にまとまりました。 
 ぜひ、「美しい日本語」を一字一句、心を込めて書き写すことで、ぜひご自分のものにしてください。

Index 目次

第1編 物語の世界を堪能する

雪国 川端康成
大人のための残酷童話 倉橋由美子
信さん 辻内智貴
一房の葡萄 有島武郎
ノックの音が 星新一
笑うな 筒井康隆
女生徒 太宰治


第2編 古今の名作を味わう

枕草子 清少納言
坊っちゃん  夏目漱石
君死にたまふことなかれ 与謝野晶子
初恋 島崎藤村
汚れっちまった悲しみに… 中原中也
沈黙 遠藤周作
痴人の愛 谷崎潤一郎

Author description 著者情報

出口汪

1955年東京生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。広島女学院大学客員教授、論理文章能力検定顧問、「希望日本投票者の会」顧問、東進衛星予備校講師。出版社「水王舎」の代表取締役でもある。多数の受験参考書がベストセラーとなり、入試現代文の講師として圧倒的な支持を得ている。
「すべての土台は言語である」と考え、「論理力」育成の画期的なプログラム『論理エンジン』を開発。250校を超える学校が正式採用している。現在も、『論理エンジン』の普及と日本の教育の改革を目指し、全国で講演をしている。まさに、論理で世直しに挑む「現代文のカリスマ」。
主な著書に、『超訳 鷗外の知恵』(小社刊)、『システム中学国語』『システム現代文』『出口の好きになる現代文』「頭がよくなる漢字」シリーズ(水王舎)、『出口汪の日本語論理トレーニング』(小学館)、『源氏物語が面白いほどわかる本』(中経出版)、『出口汪の論理的に考える技術』『出口汪の論理的に話す技術』『出口汪の論理的に書く技術』『出口汪の「すごい!」記憶術』『出口汪の「好かれる!」敬語術』『出口汪の「頭のいい子」を育てる技術』(ソフトバンク文庫)、『奇跡の記憶術』『使える論理力』『「考える力」を身につける本』(フォレスト出版)、『人生を変える最強の話し方塾』(草思社)、『日本語の練習問題』(サンマーク出版)、『東大現代文で思考力を鍛える』(大和書房)、『マンガでやさしくわかる論理思考』(日本能率協会マネジメントセンター)、小説『水月』(講談社)など多数。その累計部数は700万部を超える。
詳しくはこちら