うちの子どうして言うこと聞かないの!と思ったら読む本

うちの子どうして言うこと聞かないの!と思ったら読む本

著 | 泉河潤一
1540円 (税込) ※1

発売日:2015/4/18
ISBN:978-4-7993-1639-9

Product description 商品説明

手のかかる子がみるみる変わる!

□好き嫌いが多い 
□テレビゲームやスマホ・LINEに夢中
□ 勉強しない・本を読まない □ 集中力が続かない・落ち着きがない
□ わがままですぐにキレる  
→ こんなお悩み、解決します!

子どもの自信とやる気をはぐくみ、
自己肯定感を高めるコツ、教えます!

●知徳体のバランスのとれたビジョンをつくる
● トライアルランを使えば、親のストレスはゼロに!
● 効果てきめん! ブロークンレコード・テクニック
● 「CCQ」の原則を使えば、子どもは動く
● 自分を変える「インサイドアウト」でイライラ解消
● テレビ・ゲーム機・スマホ・ LINE・ネット依存からの脱出法...etc.

指導歴30年のベテラン先生が明かす、親も子も幸せになる子育てのコツ

Index 目次

はじめに
序章 子育てで悩んでいませんか?
● 子育てをめぐる悩み、こんなことで困っていませんか? 
 ★子育ての悩み、その原因はいったい何?


第1章 親の役割と責任を自覚する
●親の役割とは何でしょう?
●親次第で子どもの教育環境は劇的に改善します
●仕事と子ども、どっちが大事? 子育てのスタンスを決める
●親だけが受け取ることができる最高の贈り物とは?

第2章 家庭を親も子もやすらげる場所にする
●家庭は、子どもがストレスを解消して元気を取り戻す場所です 
● 親も子もほっとしてやすらげる場とは?
●家庭をやすらぎの場にする5つのポイント
  ★ポイント1 あいさつをする
  ★ポイント2 食卓をおしゃべりの場にする
  ★ポイント3 親子でふれあい遊びをする
  ★ポイント4 お手伝いをさせる
  ★ポイント5 デザート・・入浴・読み聞かせタイムをもうける
●忙しくても大丈夫!必ずできる3つの方法
★方法1 何が何でも「家族優先の日」をつくる
 ★方法2 テレビやゲームなどの邪魔者を消す
 ★方法3 習い事でスケジュールを埋めすぎない
●家庭がやすらぎの場になれば、子どもは必ず変わります


第3章 子どもを教え育てるための9つの原則
●原則1 「どんな子に育てたいのか」というビジョンを持ちましょう
●子育てのビジョンづくり2つのポイント
  ★ポイント1 親が心から大切に思っている価値観を反映させる
★ ポイント2 知徳体の3つにわたってバランスをとる
コラム1 その時期にふさわしい発達課題に挑戦させましょう

●原則2 興味をいかしてやる気を引き出しましょう
  ★やる気がしないからしない」を認めてあげましょう
●やる気を引き出すには「興味をもたせる」 のがベスト
 ★興味の原理をしつけや学習に応用しましょう
 ★「やる気マトリックス」で、興味の原理を使いこなしましょう
 ★興味度と関連度の座標軸をいかして子どもの興味度を上げる
★ 「やる気マトリックス」を使えば、さらなる興味を引き出せます
コラム2 読書好きに育てるには、興味の原理にもとづいて本を選びましょう
● 親が教えたいことを、子どもが学びたいことにするには?
 ★子どもの願いに親の願いを関連づけるテクニック
 ★「好み」と「志」こそ興味のみなもと
●学ぶ意味や価値がわかっていても、やる気になれない場合は?

●原則3 子どもをできる状態において挑戦させましょう
 ★子どもを「できない状態」において叱っていませんか?
●「できる状態での挑戦」なら、子どもはこんなに伸びます
●子どもを「できる状態」において挑戦させるには!?
 ★ポイント1 子どもができる・わかる内容からスタートすること
 ★ポイント2 教え方を工夫すること
 ★ポイント3 子どもを見取り、教える内容や教え方へフィードバックすること
★ ポイント4 どこがどうよいのか子どもへフィードバックすること
 コラム3 目標が正しくても方法が間違っていると……?

●原則4 ネバーネバーネバーギブアップでいきましょう
●お米も野菜も食べられないすさまじい偏食を治すには?
 ★ステップ1 家庭で食べられるものを学校でも食べられるようにする
 ★ステップ2 野菜を少しずつ食べられるようにする
 ★ステップ3 米飯を少しずつ食べられるようにする
 ★ステップ4 米飯をふつうに食べられるようにする
●スモールステップの原則はしつけ面でも応用できます
●「まあいいか」ではなく「あきらめない」
★ 便利な「まあいいか」が弊害をもたらします
コラム4 親子ともに食の具体的な基準をもちましょう

●原則5 お手伝いをする子に育てましょう
●「あなた作る人、私食べる人」が当たり前になっていませんか?
★お手伝いの価値1 思いやりのある子に育つ
★お手伝いの価値2 誇りをもち、責任感と協調性のある子に育つ
★お手伝いの価値3 自立し、自信を持った子に育つ
★お手伝いの価値4 見通しをもって物事をやり遂げられる子に育つ
★お手伝いの価値5 家事の分担で、結局は親も助かる
●子どもが進んでお手伝いをするようになるには?
●お手伝いスタートは3、4歳頃がベスト
● お手伝いのスタート時期が遅れたら、もう間に合わない?

● 原則6 教育環境を整え、現代の凶器から子どもを守りましょう
 ★テレビ・ゲーム・スマホ・SNSに依存する子どもたち
●恐るべきテレビ・ゲーム・ネットの弊害
 ★弊害1 学習時間が奪われる
 ★弊害2 睡眠時間が奪われる
 ★弊害3 友達といっしょに体を使って遊ぶ時間が奪われる
 ★弊害4 ゲームソフトの内容面の悪影響を受ける
 ★弊害5 孤立・引きこもり・不登校につながる
● なぜ親は買い与えてしまうのか
●「子どもの成長のため」という判断基準を守りましょう
 ★依存対策その1 そもそも買い与えない
 ★依存対策2 買い与える前にルールを決める
●もうすでに「はまっている」現状からの脱出方法
★ ルールの設定と守らせる工夫
 コラム5 「早寝」をスローガンで終わらせない!

●原則7 親の「言葉の重み」を取り戻しましょう
●くり返し言っても、子どもが言うことを聞かない状況を改善する
●トライアルランを使って親のストレスはゼロに!
★実践!トライアルラン
●効果てきめん! ブロークンレコード・テクニック
●子どものためにこそ、親は子どもとのバトルに勝ちましょう
●「言った以上は絶対にやらせる!」だけでは、かえって危険
 ◆コラム6 誤学習や未学習の結果として見られる問題行動を改善するには?

●原則8 子どもがわかる・できる・やりたくなる「指示」を出しましょう
 ★ちっとも言うことを聞かないわが子を動かすには?
●視点1 あなたが言ったことは本当に伝わっていますか?!
  ★ポイント1「意味のわかる言葉、具体的な言葉」で話す
  ★ポイント2「一時に一事」の原則を守る
  ★ポイント3 タイミングがよいときを見計らって話す
  ★ポイント4 「CCQ」の原則を使う
  ★ポイント5 視覚情報を使い、話すスピードにも配慮する
●視点2 あなたが言ったことを子どもは今できますか!?
  ★ポイント1 「能力的にできる」ことを言う(指示する)
  ★ポイント2 「子どもの都合」を考えて言う
●視点3 それは子どもがやりたいことですか?
  ★ポイント1 やる意味や価値を伝える
  ★ポイント2 賞賛や感謝を上手に使う
  ★ポイント3 人の役に立つ喜びを教え、習慣化させる
●「うちの子は言うことを聞かない」とグチる前に
 

●原則9 感情に流されず立ち止まって考えましょう
●「感情のままに叱る→子どもが反発する→落ちこむ」の悪循環
 ★イライラ対策1 不満をアサーティブに、〈私メッセージ〉で伝える
 ★イライラ対策2「言っても言わなくても変わらないこと」は言わない
 ★イライラ対策3 問題行動のランクづけで心のゆとりを持つ
 ★イライラ対策4 効果のない方法はキッパリやめて他の方法を探る
 ★イライラ対策5 自分を変える「インサイドアウト」
●家庭は「不幸の連鎖から幸福の連鎖」に変わります

おわりにⅠ 父母の皆さまへ
おわりにⅡ 教職員の皆さまへ


Author description 著者情報

泉河潤一

子育てコンサルタント。ADHD,LD,アスペルガー,自閉症及び全校一荒れていた反抗挑戦性障害の児童を受け入れ指導する中で、そうした子どもがよくなっていき、管理職や同僚、保護者の信頼を得る。保護者向けに子育て教室を開き、保護者と悩みを分かち合い支える。また、心理学的なアプローチの必要性を感じて、学校心理士やNLPマスタープラクティショナーの資格を取得。特別支援教育コーディネーターとして、通常学級における荒れた子やその保護者、担任教師の相談にものっている。特別支援学級を担任する現職小学校教員。二児の父親。上越教育大学大学院修了。
詳しくはこちら