ビッグクエスチョンズ 哲学

ビッグクエスチョンズ 哲学

著 | サイモン・ブラックバーン
2100円 (税抜)

ページ数:376ページ
発売日:2015/3/19
ISBN:978-4-7993-1653-5

Product description 商品説明

『ビッグクエスチョンズ』は、人類の歴史を通して、
探究心旺盛な人々を悩ませてきた科学や哲学の大疑問に対し、
一流の専門家が回答するシリーズです。
「親しみやすく簡潔に」という編集方針により、その分野を概観しつつ、
最新の知見を身につけることができます。

古今東西・老若男女、誰もが関心を持たずにはいられない、
最も身近で最も難解な学問。それが哲学です。
難解で役に立たない試みだと批判されたかと思えば、
素晴らしく魅力的で知的好奇心を深く満足させるものだとして特別視されたりする。
この哲学において問われる様々な問いは、過去数千年に渡って様々な哲学者たちが
取り組んできたものであり、現代の私たちにとって最も手に負えないものの一つであると同時に、
最もダイレクトに私たちの人生に関わるものでもあります。

『ビッグクエスチョンズ 哲学』は、そういった哲学における最も基本的な問題のうちの
いくつかについて考える、とてもコンパクトなガイドブックです。
本書のなかで問われている問いと、それに対して提示されている答えは、
いずれも現代において最新の知見を反映したものとなっています。
したがって読者は、本書を読み進めることによって
現時点における最新の哲学の状況を概観することができます。

本書で問われている問いには次のようなものがあります。
「精神とは何か?」
「私たちは自由なのか?」
「空間を埋めているものとは?」
「なぜ何もないのではなく何かがあるのか?」
「死は恐ろしいものなのか?」
「美とは何か?」

著者のサイモン・ブラックバーンは、これらの問いが何を意味しているのかを
まず明らかにしたうえで、哲学者たちがそれらの問いに対して
どのように答えを出そうとしてきたかについて説明しながら、
読者を知的探求の旅に導いていきます。

しかしブラックバーンは、旅の行き着く先に問いの「解決」を用意することはありません。
なぜなら哲学においては自然科学や数学とは異なり、完璧に解決された問いなど
そもそも存在しないからです。現代の新しい世代の哲学者たちが試みていることも同様で、
問いそのものを解決しようとすることではなく、問いについての新たな理解を得ることです。

本書は徹底的に読みやすさを重視し、専門的な記述は可能な限り避けられています。
したがって読者は、本書の説明を理解するために難解な専門用語を
あらかじめ知っておく必要はありません。哲学は誰に対しても開かれているものです。
「哲学嫌い」の方もそうでない方も、「哲学」に対する余分な思い込みを捨てて、
まずは本書を開いてみてください。そこにはきっと、私たちがこの世界に生きることの
この大いなる謎にぐんぐんと迫っていく、スリリングといえばあまりにスリリングな体験が待っているでしょう。

Index 目次

精神とは何か?
人間性は変えられるか?
私たちは自由なのか?
私たちは何を知っているのか?
私たちは理性的な動物か?
自分に対して嘘をつけるか?
どうして社会は存在するのか?
理解し合うことはできるか?
機械は考えることが可能か?
なぜ私たちは道徳的なのか?
絶対的なものは存在するか?
時間とは何か?
世界が世界であり続けるのはなぜ?
なぜ何もないのではなく何かがあるのか?
空間を埋めているものとは?
美とは何か?
神は必要か?
すべては何のためか?
私にはどのような権利があるか?
死は恐ろしいものなのか?

Author description 著者情報

サイモン・ブラックバーン

ケンブリッジ大学の哲学教授ならびにノースカロライナ大学の哲学研究教授を務める。現代の最も著名な哲学者の1人であり、ビッグクエスチョンズシリーズの編者でもある。
詳しくはこちら