朝の余白で人生を変える

朝の余白で人生を変える

著 | 池田千恵
1430円 (税込) ※1

ページ数:264ページ
発売日:2016/11/26
ISBN:978-4-7993-2000-6

Product description 商品説明

朝いちばんの心の「余白」が1日を左右する!
効率を追い求めなくては、という強迫観念から
ふっと立ち止まってみませんか?
朝の、なんでもないスキマ、ほっとする余裕こそが
幸福に生きるためのたいせつな「魔法の時間」です。

・朝イチの時間で、心と身体をチューニングしよう
・夜クヨクヨしそうになったら、朝クヨクヨする
・心から手に入れたいと思ったら、あれも!これも!を卒業する
・残業があっても、朝の余白をあきらめない
・失敗は、朝の時間に「上書き保存」しちゃおう
・朝時間でココロを「超回復」させよう
・夜ほっとするより、朝先取りしてほっとする
・「望まない夜更かし」とはサヨナラしよう
・成長は、時間差という「余白」をへてやってくる

Index 目次

序章:なぜ、朝の余白が必要なのか
朝いちばんの気持ちが1日の気持ちを左右する/
朝イチの時間で、心と体をチューニングしよう/スキマがないと、新しいものは入ってこない/朝の余白が、頭や心のコリをほぐす/他

第1章 人生に余白をつくる
毎朝、頭を「棚卸し」して在庫整理をしていこう/余白たっぷりのノートをひらめきツールにしよう/朝、立派なことをしなければいけない、なんて思わなくていい/目標はあくまででっかく、大風呂敷を広げて妄想しよう/夢実現に必要なのは「論理・情熱・巻き込み力」/他

第2章 身体に余白をつくる
早起きで、地球と自分のリズムを合わせていこう/太陽の光を自分に取り込む、元気が出てくる超簡単な習慣/朝時間でココロを超回復させよう/朝イチのよい言葉は、1日を楽しくすごせるポイント/毎朝自分が生まれ変わっていると思えば、健康習慣も続けられる

第3章 仕事に余白をつくる
残業体質の会社でも余白をつくるのをあきらめない/「自分締切日」をつくって、宣言しよう/余白は「30分前行動」でつくれる/「なぜ」を自分に問うことで「ゆでガエル」を阻止する/「やり残し」は、「戦略的先送り」と言い換えて棚卸しする//他

第4章 勉強に余白をつくる
心から手に入れたいと思ったら、あれも!これも!を卒業する/資格マニアだっていいじゃない/勉強を続けたことによる「サンクコストの罠」に気をつける/本番でいつも緊張しすぎる人への魔法の言葉/他

第5章 人間関係に余白をつくる
デジタル全盛だからこそ、人とじゃなくて自分とつながる/アクティブに孤独を楽しもう/朝の余白は相手に対する寛容さもはぐくむ/嫌な気持ちは、見すごさずに見すえる/ネガティブは徹底的に出しきってから、ポジティブを吸い込もう/他

第6章 家族関係に余白をつくる
日常は、時間軸を変えるだけで非日常にできる/
家族への感謝の気持ちは、朝イチで言葉にする/イライラカリカリの原因はすべて「余白」のなさ/時短アイディアは「ふせん」をつかって考えよう/「残業しても17時」の世の中をつくりたい/他

Author description 著者情報

池田千恵

株式会社 朝6時 代表取締役社長/朝イチ業務改善コンサルタント
福島県出身。二度の大学受験失敗を機に早起きに目覚め、半年の早朝勉強で慶應義塾大学総合政策学部に入学。外食企業、外資系戦略コンサルティング会社を経て、2009年に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)を刊行。ベストセラーとなり「朝活の第一人者」と呼ばれるようになる。朝を活用したい企業のマーケティング支援、朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、「働き方改革プロジェクト」「女性活躍推進プロジェクト」など、ミドルマネジメント戦力化のためのコンサルティングや研修を行っている。個人に向けては朝活で人生計画を立て直すコミュニティー「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/)を主宰している。
池田千恵公式サイト https://ikedachie.com
株式会社 朝6時 公式サイト https://asa6.co.jp
Twitter, Instagram @ikedachie
詳しくはこちら

※1 店舗ごとの消費税の端数の計算方法の違いによっては、お会計額に誤差が生じる場合があります。