ハマトンの知的生活のすすめ

ハマトンの知的生活のすすめ

著 | PGハマトン
編訳 | 三輪裕範
1800円 (税抜)

発売日:2018/5/24
ISBN:978-4-7993-2268-0

Product description 商品説明

本書は英国の著述家であり美術雑誌の編集者であったP・G・ハマトンが1873年に刊行した知的生活論、自己啓発論の世界的名著である『知的生活』から現代人に必要な部分を精選して編訳したものです。
 ハマトンの『知的生活』については、渡部昇一氏がベストセラーである『知的生活の方法』(講談社現代新書)を執筆するきっかけとなったことで有名であり、同氏と下谷和幸氏による翻訳も講談社学術文庫から出版されています。
ただ、残念ながら、渡部氏らによる翻訳本は550ページを超える大著であるため、相当の忍耐力がなければ、なかなか通読することができません。また、この本は今からほぼ150年前、日本でいえば明治維新直後に書かれたものであるという時代的制約もあるため、特に「女性と結婚」や「貴族階級と庶民階級について」などハマトンが書いた内容の中には、現代の考え方にはそぐわないものや、女性蔑視ともとられかねないところも散見されます。本書では、そうした今の時代にそぐわない、あるいは不適切だと思われるような部分については除き、知的生活を目指す現代人にとって有益だと思われるハマトン流知的生活論のエッセンスを分かりやすく書くように努めました。
ハマトンにとって知的生活とはそれによって得られる具体的な研究成果ではなく、何よりも人間としての正しい生き方や、世の中の真理を希求するという生活全般に対する心的態度のことでした。本書がそうした心的態度、さらには知的生活全般に対する皆様の関心を刺激する一助になることができれば、筆者にとってこれ以上の喜びはありません。             

Index 目次

まえがき
1 「知的」とはどういうことか 
2 健康こそが知的生活の基盤
3 仕事に打ち込むことが人生を豊かにする
4 知識があるだけでは知的とはいえない
5 学びの目的を定める
6 時間を効率的に使う
7 外国語の勉強は本当に必要か
8 計画的に読書する
9 お金とうまく付き合う
10 習慣を疑え
11 知的生活を維持できる関係を築く

Author description 著者情報

PGハマトン

Philip Gilbert Hamerton(1834〜1894)
1834年英国のランカシャーに生まれる。当初は画家を志していたが、その後は美術雑誌The Portfolioの編集責任者として大成功する。その一方で、本書のような知的生活論、随筆、人物伝などの著作も多数出版し、当時英国有数の文筆家としても名をなす。知的生活関係の著作としては本書のほかに、『知的人間関係』『幸福論』などがある。本書『知的生活』は内容的に大変興味深いだけでなく、ハマトンが非常に平易かつ明瞭な英語で書いていることから、明治以来、日本の旧制高校や大学の英語教科書でも盛んに使われてきた。
詳しくはこちら

三輪裕範

1957年兵庫県生まれ。1981年に神戸大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。1991年にハーバード・ビジネス・スクールにて経営学修士号(MBA)を取得、その後、ニューヨーク店経営企画課長、大蔵省財政金融研究所主任研究官、経団連21世紀政策研究所主任研究員、伊藤忠商事会長秘書、調査情報部長、伊藤忠経済研究所長等を歴任。2015年からは伊藤忠インターナショナルSVP兼ワシントン事務所長、2017年にはジョンズ・ホプキンス大学院戦略高等国際問題研究所(SAIS)の上級客員研究員を務め、現在は伊藤忠商事関西開発調査室シニア・アドバイザー。
著書は『日本人が必ず間違える英単語100』『超訳 努力論』『ハマトンの知的生活のすすめ』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ビジネスマンの英語勉強法』『アメリカのパワーエリート』(以上、ちくま新書)、『ニューヨーク・タイムズ物語』(中公新書)、『通のアメリカ英語』『ハーバード・ビジネス・スクール』(丸善ライブラリー)など多数。
詳しくはこちら