BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは

BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは

著 | 青砥瑞人
2200円 (税抜)

発売日:2020/9/25
ISBN:978-4-7993-2675-6

Product description 商品説明

予約が取れない大人気セミナー「神経科学レクチャー」を書籍化
モチベーションを育む
ストレスとうまく付き合う
クリエイティビティを発揮する


脳を学ぶ時代、神経科学を応用する時代が始まった!
弁護士、医者、大企業CEO、アスリートなど
現場で活躍する人が学んでいる


「脳の中で何が起こっているのか(WHAT)」を解き明かし
「なぜそうなるのか(WHY)」について知識を深めれば、
「パフォーマンスを高める方法(HOW)」を自ら創り出せる。

人の神経系はブラックボックスとして扱われ、なかなか研究が進まなかった。
しかしながら、近年の科学技術の発展により、そのブラックボックスが開かれ始めている。
人類が新たに獲得しつつある叡智が、難解な科学論文の中だけに埋もれているのは非常にもったいない。
そしてその叡智が、単なる事実確認のためだけに使われることも、人類にとっては大きな損失になる。

本書の役割は、神経科学が新たに示してくれる叡智を、
哲学や心理学でこれまで育まれてきた叡智と照らし合わせることである。
そして、ビジネスを含めた我々の生活と照らし合わせることにある。
その結果として、人間理解にどのように応用できるのか、
実際の生活にどのように応用できるのかを探求する「応用神経科学」としての役割を担いたいと考えている。

世界では、神経科学の企業研修への応用、教育への応用が少しずつ始まっている。
ここ日本でも、その流れが動き始めている。
企業や教育現場において、脳を学ぶ時代、
神経科学を応用する時代が始まったということだ。

本書では、特にビジネスパーソンからの要望が多く、
課題を感じているという 「モチベーション」「ストレス」「クリエイティビティ」
という三つのテーマについてお話ししていきたい。

Index 目次

はじめに
CHAPTER1 モチベーション
CHAPTER2 ストレス
CHAPTER3 クリエイティビティ
おわりに

Author description 著者情報

青砥瑞人

DAncing Einstein Founder & CEO
日本の高校を中退。その後、米国大学UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部を飛び級卒業。
脳の知見を、医学だけでなく、そして研究室だけに閉じず、現場に寄り添い、人の成長やWell-beingに応用する応用神経科学の日本パイオニア。
また、AI技術も駆使し、NeuroEdTech/NeuroHRTechという新分野も開拓。同分野にて、いくつもの特許を保有する「ニューロベース発明家」の顔ももつ。
人の成長とWell-beingに新しい世界を創造すべく、2014年に株式会社DAncing Einsteinを創設。
対象は、未就学児童から大手役員まで多様。空間、アート、健康、スポーツ、文化づくりと、神経科学の知見を応用し、垣根を超えた活動を展開している。
詳しくはこちら

お詫びと訂正

下記の通り誤りがございましたので、訂正させていただくとともに深くお詫び申し上げます。


p72の図並びに脚注欄の文献(画像赤囲み部分)。

【誤】

Gruber, M. J., Gelman, B. D., & Ranganath, C. (2014). States of Curosity Modulate Hippocampus-dependent Learning via the Dopaminergic Circuit. Neuron, 84(2), 486-496


【正】

Salamone,J.D., Yohn, S.E., López-Cruz, L.,San Miguel, N., & Correa,M. (2016). Activational and effort-related aspects of motivation:neural mechanisms and implications for psychopathology. Brain : a journal of neurology, 139(Pt 5), 1325‒1347.