スマホが起こす「自分病」って何?

スマホが起こす「自分病」って何?

著 | 和田秀樹
990円 (税込) ※1

発売日:2021/3/8
ISBN:978-4-7993-8324-7

Product description 商品説明

いつでも手にとれ、使えるスマホは、非常に便利な反面、

SNS依存、ゲーム依存など、依存症を起こしやすい道具でもあります。



スマホに振り回されて、現実にある大切な人間関係を壊したり、

生きにくくなったりしないように、

また、自分を見失わず、スマホを賢く使いこなすにはどうしたらいいか。

精神科医・和田秀樹先生が本書で提言します。



●1対1の人間関係が心を育てます

●「自分」対「みんな」は、心を圧迫しませんか

●なぜ目の前の人より、見えない「みんな」が大事なのですか

●スマホが依存症になりやすいわけ

●脳のソフトが書き換えられていく!

●目に映る世界は、こんなに豊かで面白いのに

●ネットの人間関係が持つ息苦しさ

●「みんなと同じ」は強迫感

●「炎上」はなぜ起こるのか

●SNSは何を壊すのか

●本来、ネットは議論や共感のためのメディア

●「自分病」はいつの間にか伝染する

●スマホで子どもの学力が落ちる

●2歳児の言語レベルになる!

●「なければ困る」ではなく「あれば便利」と割り切ろう

●まず、自分の感覚を取り戻すこと(他)

(※本書は2018/10/25に発売し、2021/3/8に電子化をいたしました)

Author description 著者情報

和田秀樹

1960年大阪市生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。
1987年『受験は要領』がベストセラーになって以来、大学受験の世界のオーソリティとしても知られる。
著書に『感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版』『医学部の大罪』(以上、ディスカヴァー)、『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(大和書房)、『感情的にならない本』(新講社ワイド新書)、『受験は要領』(PHP文庫)など多数。
詳しくはこちら

※1 店舗ごとの消費税の端数の計算方法の違いによっては、お会計額に誤差が生じる場合があります。