トリーズ(TRIZ)の発明原理40

トリーズ(TRIZ)の発明原理40

著 | 高木芳徳
2400円 (税抜)

ページ数:200ページ
発売日:2014/8/26
ISBN:978-4-7993-1523-1

Product description 商品説明

トリーズ(TRIZ)は、「ロシアの特許審査官が特許をベースに作成」し、「200万件以上の特許で、科学的、定量的に検証・ブラッシュアップ」し、「分野を超えて利用できる」ようにした、ほかに類を見ない、非常に優れた、発明的な問題解決の理論です。

ロシアの特許審査官だったアルトシューラーは、来る日も来る日も特許を見ているうちにあることに気づきました。「分野が違っていても、問題解決の手法には共通要素があるのではないか?」と。
そこで、何百、何千件の特許を元に、「発明のコツ」を抽出していきました。そして、そこからついに、発明の「共通要素」を法則化することに成功したのです。
さらにアルトシューラーはもうひとつのことにも気づきました。それは「ある分野で新たに解決された問題の9割は、実はほかの分野で既に解決されている問題である」ということです。
そうしてアルトシューラーがたどり着いたのが「問題解決プロセスの一般化」で、これらをまとめた科学的問題解決プロセスがトリーズ(TRIZ)です。

本書でご紹介する「40の発明原理」は、一つひとつの具体的な問題解決方法の中から、問題解決プロセスを一般化して抽出したものです。これを活用することで、他分野における過去の失敗や成功からより深く学べるようになります。また、異分野の技術者同士やビジネスパーソンの間で今まで難しかった「技術の本質に迫った話」ができるようになります。
TRIZは、今も進化を続ける巨大な理論体系ですが、本書で紹介する「発明原理」は、TRIZの原点であると同時に、ほかのすべての理論の基本にもなっています。
本書は、現在、欧米を中心に高付加価値なビジネスを成り立たせているこの手法の原点を、一般の方向けに初めてご披露するものです。

さっそく、TRIZの世界へご案内いたしましょう!

Index 目次

はじめに
目次
第1部 入門! TRIZの発明原理
TRIZとは?
TRIZ(トリーズ)の発明原理
問題を抽象化しよう
どのように問題を抽象化するか?
第2部 40の発明原理
問題解決のフローチャート
発明原理を覚えよう
発明原理のシンボル化
発明原理の順番と9グループ化
発明原理紹介ページの見方
構想系 グループ1 分ける
1.分割原理
2.分離原理
3.局所性質原理
4.非対称性原理
「分ける」4原理 >>> お風呂
「分ける」4原理 >>> 食事&料理
WORK: 「分ける」4原理 >>> 手
WORK: 「分ける」4原理 >>> カレー作り
もっとTRIZ:賢い小人(SLP)
構想系 グループ2 合わせ
5.組合わせ原理
6.汎用性原理
7.入れ子原理
8.つり合い原理
「合わせ」4原理 >>> 発明原理シンボル
WORK: 「分ける」4原理 >>> 列車
WORK: 「分ける」4原理 >>> 寝室
もっとTRIZ:科学的事実(Effects)
構想系 グループ3 事前に
9.先取り反作用原理
10.先取り作用原理
11.事前保護原理
12.等位性原理
「事前に」4原理 >>> コンビニ
「事前に」4原理 >>> 人体
WORK: 「事前に」4原理 >>> トイレ
WORK: 「事前に」4原理 >>> サービス
もっとTRIZ:事前、事中、事後
技巧系の4グループ
技巧系 グループ4 変形
13.逆発想原理
14.曲面原理
15.可変性原理
16.アバウト原理
「変形」4原理 >>> 人体
「変形」4原理 >>> 洗濯機
WORK: 「変形」4原理 >>> 回転寿司
WORK: 「変形」4原理 >>> エスカレーター
もっとTRIZ:9画面法
技巧系 グループ5 効率化
17.他次元移行原理
18.機械的振動原理
19.周期的作用原理
20.連続性原理
「効率化」4原理 >>> 人体
「効率化」4原理 >>> 電車
WORK: 「効率化」4原理 >>> 調理器具
もっとTRIZ:進化パターン(Prediction)
技巧系 グループ6 無害化
21.高速実行原理
22.禍転じて福となす原理
23.フィードバック原理
24.仲介原理
「無害化」4原理 >>> 人体
「無害化」4原理 >>> 通勤電車
WORK: 「無害化」4原理 >>> 天ぷら
もっとTRIZ:究極の理想解(IUR)
技巧系 グループ7 省力化
25.セルフサービス原理
26.代替原理
27.使い捨て原理
28.メカニズム代替原理
「省力化」4原理 >>> トイレ
「省力化」4原理 >>> カメラ
WORK: 「省力化」4原理 >>> スマートフォン
もっとTRIZ:トリミングと資源の発見
物質系 グループ8 変材
29.流体作用原理
30.薄膜利用原理
31.多孔質利用原理
32.変色原理
33.均質性原理
40.複合材料原理
WORK: 「変材」6原理 >>> 料理
物質系 グループ9 変相
34.排除・再生原理
35.パラメーター変更原理
36.相変化原理
37.熱膨張原理
38.高濃度酸素原理
39.不活性雰囲気原理
WORK: 「変相」6原理 >>> 料理
第3部 発明原理実践編
総合WORK
もっとTRIZ!リバースTRIZのススメ
もっとTRIZ!最終回:もっとTRIZを学ぶには?
発明原理シンボルマーキング
発明原理シンボル on 9画面法
索引
おわりに

Author description 著者情報

高木芳徳

開成高校から東京大学工学部に進学。東京大学大学院工学系研究科修了。研究テーマは「知の構造化」(MITとの共同研究)。在学中に3つの学生組織を再興。また同時期、年商100億円規模の組織における常務理事として5年間無限責任で経営にあたる。
2000年、大手メーカーに入社。2年目に社内の基幹システム統合(EAI)において当時国内未解決の難題を解決し、純益数十億円分の効果をあげる。その後、社内転職するも研究所が閉鎖。次の職を探している時にTRIZと出会う。その後、R&D部門で2009年度の発明最多賞を取得。現在はデータサイエンティストとして新規事業(電子お薬手帳)に、アイデアクリエーターとしてイメージセンサ事業部等の特許活動に携わる。
プライベートでは3児の子持ちの共働き家庭にあり、常にアイデアが求められる状態。2012年TRIZシンポジウムで「最も役に立った発表」賞受賞。Win-Winな協調戦略が求められるボードゲーム、カタン(世界累計2000万セット販売)の2003年日本チャンピオン。
詳しくはこちら