「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

著 | 秋山龍三
著 | 草野かおる
1500円 (税抜)

ページ数:240ページ
発売日:2016/5/14
ISBN:978-4-7993-1863-8

Product description 商品説明

日本人が昔から食べてきた食事、もう一度見直してみませんか? 肥満、生理不順、冷え、アレルギー、糖尿病、ガン……30年間、あらゆる人のからだの不調を改善に導いてきた著者が語る食事とは?

・ 日本人に「塩」は大事
・ 漬け物と梅干しはスーパーフード
・ 調味料は昔ながらの作り方のものを選ぶ
・ 魚類は、頭からしっぽまで食べられるものを
・ 一口30回は噛む
・ 食事と食事の間は15時間以上空ける

どんな人の体にも、「自然治癒力」が備わっています。けれども、現代は「食」の誘惑がいっぱい! 知らないうちに、体本来の力を低下させ、不調や病気を引き起こす食生活を送っているかもしれません。病院やお医者さんのお世話になる前に、食事を正すことで、体を変えることはできます。まずは、日本人が昔から食べてきたものの「力」を、あらためて見直すこと。そして、日々の習慣と化している「食べ方」を振り返ってみること。

本書では、いま何を食べるべきか、何を食べてはいけないのか、そして、どう食べるべきかを、豊富なイラストとともにお伝えしていきます。

Author description 著者情報

草野かおる

イラストレーター/防災士。
セツモードセミナーを卒業。出版社勤務の後イラストレーターとして活動。夫と2人の娘あり。雑誌(健康、マタニティ、ベビー、料理関係など)を中心にカットやイラストルポなど手がける。PTA、自治会を通じて16年に渡り防災勉強会や防災訓練などで防災活動に関わったことを生かし、東日本大震災の数日後、ブログにて発信を始め、現在はツイッターでも多くのアクセスを集める。韓国の高麗大学でシンポジウムに参加し防災についての講演をおこなったほか、国内では、ラジオ番組の出演や、都道府県、市区町村の講演会に登壇。新聞・雑誌に掲載される。2018年には防災士の資格を取得する。
著書・共著に「おかあさんと子どものための防災&非常時ごはんブック」「「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」」(どちらも小社刊)「伊豆の山奥に住む仙人から教わったからだがよみがえる「食養術」: ダメなボクのからだを変えた 秋山先生の食養ごはん」(徳間書店)がある。
ブログ:草野かおるの4コマ防災 http://ikinokoru.info/
ツイッター:@ kaorutofu
問い合わせ先:オフィスカンノン info@kannon.info
詳しくはこちら