50歳からの勉強法

50歳からの勉強法

著 | 和田秀樹
1000円 (税抜)

ページ数:192ページ
発売日:2016/9/30
ISBN:978-4-7993-1963-5

Product description 商品説明

 50歳からの勉強法は、目的によって異なる。現在の場所での出世、もしくは独立起業によって報酬を求めるのか、夢の実現や定年後の豊かな人間関係を求めるのか? いずれも共通するのは、50歳の頃から準備を始めるのが成功の秘訣だということだ。
 それぞれについての勉強法を概説するとともに、前頭葉の機能低下などによる意欲の低下など、この年代以降に特有の生理的障害をあげ、その対策についても述べる。
 一方で、75歳くらいまでは低下しない知的能力など、50歳以降ならではの強みとそれを生かした記憶法、英語学習法、スピーチ練習法などについても、具体的に取り上げる。
 老年精神医学、精神分析学を専門とする医師として、『受験は要領』のヒット以来の大学受験指導者として、また、若い頃からの夢を50歳近くになってかなえた映画監督としても活躍する著者ならではの経験と見識、ノウハウが詰まった一冊である。

Index 目次

第一章 なぜいま、五〇歳からの勉強が必要か?
1 七五歳現役社会に向けての五〇歳からの勉強
2 勉強こそが長生きの秘訣
3 定年後の仕事のために、いまから勉強を始める
4 定年後の友人づくりのためにも勉強が役立つ
5 勉強が「認知的成熟度」の退行を防ぐ

第二章 五〇歳からの勉強の障壁
1 意欲低下のメカニズムとその傾向と対策
2 何を動機づけとしたらいいのか?
3 うつや将来不安にどう対応するか?
4 スキーマから脱出し、思考の柔軟性をいかに手に入れるか?
5 記憶力は本当に低下するのか?
6 EQをどう維持するか?

第三章 五〇歳からの勉強、何をどのように学ぶか?
1 知識人から思想家に
2 何を学んだらいいか?
3 英語はやはりできたほうがいい
4 日本語を学び直せ
5 読書は一部熟読法

第四章 五〇歳からは、インプットよりアウトプット
1 アウトプット三つの効用 
2 反論・批判とどう向かい合うか?
3 スピーチは、原稿書きとリハーサルを怠ってはいけない
4 アウトプットで得られる報酬とは?

第五章 勉強が老後を豊かにする
①人が考えないことを考える習慣を持つ 
②プロセスより結果。短期的な結果より長期的な結果 
③アクティビティを維持し続ける 
④上がりのポストを目指さない。人生のゴールを下手に決めない 
⑤引退後も人が寄ってくる人生こそが豊か

Author description 著者情報

和田秀樹

1960年大阪市生まれ。1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部付属病院精神神経科助手、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック(アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニック)院長。
1987年『受験は要領』がベストセラーになって以来、大学受験の世界のオーソリティとしても知られる。
著書に『感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版』『医学部の大罪』(以上、ディスカヴァー)、『「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣』(大和書房)、『感情的にならない本』(新講社ワイド新書)、『受験は要領』(PHP文庫)など多数。
詳しくはこちら