不安を自信に変える授業

不安を自信に変える授業

著 | クリステン・ウルマー
訳 | 高崎拓哉
1600円 (税抜)

ページ数:312ページ
発売日:2018/8/26
ISBN:978-4-7993-2347-2

Product description 商品説明

世界的アスリートが教える
「不安」を生きる力に変え
最高の人生を手に入れる授業


私たちは誰もが、不安を抱えながら生きている。
そして誰もが、不安を無視したり、克服したり、
過去に追いやろうとしたりする。

しかし、それでなにか、良くなっただろうか?

この素朴な疑問を出発点として、
「不安」という、あらゆる人間の感情のなかで
最も誤解された感情について、
その正体を探り、避けられてきた疑問への
答えを出そうと書かれたのが、本書である。

かつて12年もの間、世界最高の
エクストリームスキープレーヤーとして
活躍した著者は、不安という感情を誰よりも
よく知り、また悩まされてきたひとりだ。

その著者が、あるとき心と身体に
破綻をきたし、禅と出会ってたどり着いた真実とは、
不安に対する反応の仕方が
そもそも間違っていた
ということだった。

本書は、著者のアスリートとしての経験と、
15年以上におよぶマインドセット・
ファシリテーターとしてのノウハウをもとに、
喜びや愛、感謝といった感情と同様、
私たちが不安という感情と幸せに共存して
いくことを可能にするために執筆された、
世界で初めての「不安の授業」である。

?目次

Part.1 問題を明らかにする
第1章 思考に支配される私たち
第2章 不安の正体を知る
第3章 なぜ不安から逃げてはいけないか
Part.2 古い考え方を捨てる
第4章 あなたの変化を阻むものの正体
第5章 変わるために必要なこと
Part.3 シフト――不安を自信に変える技術
第6章 新しい考え方を手に入れるには
第7章 身体の“声”に耳を傾ける
第8章 不安の“声”に耳を傾ける
Part.4 不安とともに生きる
第9章 不安を尊重する
第10章 不安は究極のモチベーター
第11章 怒りを自信に変える
第12章 最高の人生を手に入れるには

Index 目次

Part.1 問題を明らかにする
第1章 思考に支配される私たち
第2章 不安の正体を知る
第3章 なぜ不安から逃げてはいけないか
Part.2 古い考え方を捨てる
第4章 あなたの変化を阻むものの正体
第5章 変わるために必要なこと
Part.3 シフト――不安を自信に変える技術
第6章 新しい考え方を手に入れるには
第7章 身体の“声”に耳を傾ける
第8章 不安の“声”に耳を傾ける
Part.4 不安とともに生きる
第9章 不安を尊重する
第10章 不安は究極のモチベーター
第11章 怒りを自信に変える
第12章 最高の人生を手に入れるには

Author description 著者情報

クリステン・ウルマー

1966年、アメリカ・ニューハンプシャー州生まれ。ユタ大学に進学後、モーグル選手として活動するなかで偶然エクストリームスキー映画の撮影に参加し、未経験ながら一発で大技を成功させたことで一躍有名に。その後、数々の難所・大技を攻略し続け、「恐れ知らずの女性」という評判を確立。2003年に引退するまでの約15年間、世界的なエクストリームスキープレーヤーとして活躍(うち1990-2001年の12年間は「世界最高の女性エクストリームスキーヤー 」に選出されたほか、2000年には「北米で最も恐れ知らずの女性アスリート」にも選出された)。引退後は、スポーツ選手のメンタルトレーナーとして活動する一方で、スランプ期における禅との出会いをきっかけに「不安(FEAR)」を追究。やがて、「不安」を自信や知恵、モチベーションに変える独自のメソッド〈シフト〉を開発、個人と組織を対象に世界中でセミナーやイベントを開催し、「不安(FEAR)」のスペシャリストとして知られるように。本書は、その経験とノウハウをもとに書かれた初の著作となる。
詳しくはこちら

高崎拓哉

1979年横浜市生まれ。大学院卒業後、おもにスポーツ関連の翻訳と書籍の翻訳を手がける。訳書に『不安を自信に変える授業』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ルーキー・ダルビッシュ』(イースト・プレス)、『悲劇的なデザイン』『UX・情報設計から学ぶ計画づくりの道しるべ』(以上BNN新社)、『さまよう民主主義』(ハーパーコリンズ・ジャパン)など。
詳しくはこちら